松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 神保町の『覆麺』で、「真河豚出汁の冷やしまぜそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200330004148j:image

 どうしても事務所に行かなくてはいけない事情があり、クルマを出しました。
 出すとき、松戸は結構な降雪で、路面がシャーベット状になり始めていました。

 帰宅する時まで降っていたら、こりゃ確実に積もるな…スバルのレヴォーグ、その真価を見せてもらおうか…なんて思いながら出発。

 途中、腹ごしらえに『覆麺』に立ち寄りました(^^;。

 雪が降り頻(しき)る中、今日は空いているんだろうなぁ…と思ったら、なんと店前に並び客(^^;。

 ガチで気合入っているなぁ…と思ったのですが、すぐに私もそんな一人だと知りました(^^;。

 お店に入ると、ふわっ温かい空気が頬を撫でます。
 やっぱり雪の降る日は寒いんですよね…本当の意味での冬の寒さほどではなかったので、実はクルマから降りて、シャツ一枚の姿で来てしまったのですが、寒かったんですよね(^^;。

 忙しくラーメンを作る花木さんに食券を渡します。

 私は「冷やしまぜそば」にしたのですが、ワンタンも2種類つけてしまったので、まぁ木に竹を継ぐようなトッピングだよなぁ…と我ながら思っていたら、「冷やしにはスープをおつけしますので、そこにワンタンを入れさせてもらいますね」、とのこと(^^;。

 どうしても「冷やしまぜそば」が食べたかったので、それをチョイスしましたが、外で並んでいるときに芯まで冷えたのも確かで、正直言って花木さんのスープサービスは神だと思いました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200330004205j:image

 私が「冷やしまぜそば」にありついたのは、12時後半だったのですが、花木さん曰く、「冷やしまぜそばですが、今日は1杯も出ればいい方かなぁと思ったんです。でも、結構皆さん召し上がってくれて、もうあと残り少ないんですよ」、とのこと(^^;。

f:id:GERO_Matsu:20200330004217j:image
 花木さんが笑うながら、

「気合入ったお客さんが多いんです」

 と(^^;。
 返して曰く、

「いや、今日来るお客さんは、ガチで気合入っているおきゃくさんばかりでしょう」

 と談笑(^^;。

 久しぶりに食べる「冷やしまぜそば」は、これが早く無条件に美味い、と思える気候になってくれないかなぁ…と心底思うのですが、やっぱ『覆麺』の「冷やしまぜそば」は美味いです( ^o^)ノ。

 普段のとは違ってレモンも、トリュフオイルもありませんが、自分で止めなければそのまま完食してしまう勢いのある美味さです( ^o^)ノ。

 途中、思いとどまって、スープを注いでスープ割を。

 ほんのりとした暖かみ、それだけでもスープの表情がガラリと変わります。
 これぞ『覆麺』マジックですよね…( ^o^)ノ。

 満足、完食してお店を出ました。

 気持ち、雪の勢いが弱まったような感じがします。
 事務所に着いて帰宅する頃には、みぞれになって、ついに止んでしまいました。

 道路も黒く濡れているだけです。

 明日の凍結が怖いなぁ…とも思ったのですが、この気温から言ってそれは無さそうです。

 市井の日常が守られたことを感謝しつつ、早く日本と言わず世界中が、市井を取り戻すことを、願って止みません。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.