松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

鶯谷 焼豚の大井川

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 ​鶯谷の『焼豚の大井川』にて、「バラ肉の焼豚」を一本買してみました( ​^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200123074439j:image

 

​ ちょっと前に前を通ったときに見つけたお店なのですが、クルマだったので立ち寄るわけにも行かず、そのまま素通りしてしまいました
​が、なにか引っかかるところがあって、この日、意を決してお店に入ってみました。

f:id:GERO_Matsu:20200123074504j:image
f:id:GERO_Matsu:20200123074501j:image

 

​ 昼食をまだ摂っていなかったので、なにか店内飲食できるメニューがあれば、と思っていたんですが、どうも店頭で焼豚の販売のみのようです。

 ​お値段は100g ​… ​600円で、正直、かなり強気な値段設定だと思います。

​ 店先のケースの中に焼いたばかりの焼豚がぶら下がっています。
​ この時はバラとロース。

 

​ それぞれの焼豚が4本づつぶら下がるケースのなかで、バラを一本指差し、「1本でどれくらいですか?」、と聞いたところ、その場で重さを計ってくれて、約480gとのこと。
​「ぶら下げる鉄串を抜くから450gくらいかな」、と。

 ​すぐに頭の中で計算、一本買することにしました(^^;。

f:id:GERO_Matsu:20200123074602j:image

 

​ 値段としてはかなり高いものだとは思いますが、「カミさんが焼豚が好きで、焼豚丼にします」、と話したところ、カウンターの中のおばさんが、「じゃぁタレを多めに入れておくね。白髪ねぎも入れておくから、タレを掛けたチャーシューの上に載せて一緒に食べると、あっさり食べられるから」、とのこと。

 

 ​包装する間、お茶を出してもらってそれを飲みながら、店内をぐるっと見渡すと、焼豚を作るであろう窯などもあって、お値段は高いけど、しっかりと本格的に作っているのかなぁ…と。
​帰って実際に食べてみるのが楽しみです( ​^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200123074627j:image

 

 と言うわけで、帰宅後、早速作ってみました( ^o^)ノ。

 

 丼にご飯をよそったら、多めに付けてくれたタレを軽くひと回しかけ、その上の薄めに切った焼き豚を並べ、白髪ねぎを乗せ、さらにタレをかけ回します( ^o^)ノ。
 アサツキを散らして完成( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200123074652j:image

 カミさんが喜んでくれたのはもちろん、思いがけず親父が絶賛(^^;。

 うん、美味しかったし喜んでもらえたし、お値段以上の価値はありました( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.