松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神田小川町 つじ田

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神田小川町の『つじ田』にて、「つけめん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20191230052214j:image

 

築地に行った帰り、カミさんと息子を連れて食事が出来るところを探していました。

思いつくお店はいくらでもあるのですが、子供がOKで美味しくて、そしてカミさんを連れて行ったことがなく、連れて行ったら後から話のタネになるようなお店…それが重要でした(^^;。

カミさんはあまり一人で食事にお店に入る人ではなく、私と知り合うまではラーメン店自体にも数えるほどしか行ったことがない、と言うか感じでしたので、出来れば美味しいことはもちろん、特徴あるお店が良いと思いました。

そこで思いついたのが、『つじ田』でした( ^o^)ノ。

掛け値無しの正直な話、私は「鰹節粉をばっちり効かせたドロドロの魚介つけ麺」は食べ飽きていて苦手なんですが、カミさんはそれほど食べた経験がありませんし、何より『つじ田』は超有名店(^^;。
さらにつけ麺だと、食べる途中で2回にわたって味変が出来て、その風変わりさから話のタネにもなるだろう、と考えました。

そんなわけで苦労して安めのコインパーキングを見つけ、お店に向かいました。

 

f:id:GERO_Matsu:20191230052234j:image
着くと店の軒先はすでにお客さんが並んでいて、向かいの場所で並び直すよう指示があります。

f:id:GERO_Matsu:20191230052309j:image
素直に並ぼうとすると、すぐに店員さんが出て来て、「食券を先にお求め下さい」、と誘導してくれました。

食券を買うと、またすぐに店員さんが来て食券を回収。
お店に戻ると、「3名でお待ちのお客様、席がありますので店内へどうぞ」、と。

本当にタイミングが良かったようで、ラッキーでした( ^o^)ノ。

さて、すでにお冷の用意された席に着くと、また店員さんが「お子様にはジュースのサービスがあるのですが、オレンジかリンゴかを選べます」、とショート缶のジュースを持って来てくれました。

また、息子用にすぐに器を用意してくれて、スプーンとフォークの有無も確認されました。
手渡してくれた器には息子の好きな海苔が入っていて、まさに子連れ家族に対して、いたせりつくせりといった塩梅です。

子連れを受け入れてくれるだけでも有り難いのに、こんなに心を砕いたサービをしてくれると、もう本当に頭が下がる思いです…(泣)。

程なくして、息子にはラーメン、我々にはつけ麺が来ました。

f:id:GERO_Matsu:20191230052214j:image
f:id:GERO_Matsu:20191230052405j:image

ドロッと粘度の強い魚介系のスープで、ツルツルモチモチなストレートの太麺に、実によく絡みます( ^o^)ノ。

途中、麺の器に添えられたスダチを絞って加え、爽やかな酸味と香気を纏わせアッサリと。
そして次に黒七味を加えて程よい辛味のスパイシーさを楽しみます( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20191230052505j:image

麺が食べ終わったらつけ汁をスープをで割ってもらって、最後まで美味しく頂けました( ^o^)ノ。

前述、若干苦手意識がある味なのですが、美味しくないわけではありません。
寧ろ美味しくて、〈炭水化物を控えていなかったら…〉、と大盛り特盛りに後ろ髪を引かれます(^^;。

万事において大満足だったのですが、一つだけ、ちょっと気になったことがありました。

と言うのは…お店が臭いんです…。

分かる人なら分かると思うのですが、下水の臭いが…どうしても気になってしました…。

排水枡が相当汚れているのか、グリストラップが満杯なのか、はたまた純粋に掃除が行き届いていないのか。
独特の汚水槽のような、下水のような臭いが、換気の合間を縫って臭って来ました…。

盛大に換気をしてこれならば、換気をしていなかったら、相当なことになっているのでは…と思いました。

有名店なだけに、毎日作る量も半端じゃないでしょうし、それに比して厨房も広めです。
掃除の手が行き届かない、また行き届いているとしても定期メンテナンスが必要な装置が早々にくたびれてしまう、と言うのは仕方のないことなのかも知れません。

それでも、正直、ちょっと残念でした…。

サービスも味も、誰にでも勧められるお店だと思います。
ですが、臭いの一点だけは、ちょっと頂けませんでした…。

とても嬉しいお店であることは間違いないので、今回がたまたまだったのだと思います。
そう、信じられるくらい、サービスと味の良い、お店でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2019 All Rights Reserved.