松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

浅草 一福園

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 浅草の『一福園』にて、「覆麺非公式忘年会」に参加して来ました( ^o^)ノ。

 

 

 

 神保町のラーメン店『覆麺』に通うお客さん同士、集まって親交を深めましょう、と“麺ディ”さんの発起により開催を働きかけ、あれよあれよと言う間に『覆麺』の常連さんが集まりました( ^o^)ノ。

 

 なかなかに“濃い”面々が揃う中、常連、と言うには程遠い自分ですが、参加表明をしたところ、快く受け入れて頂き、期待のうちに当日を迎えました( ^o^)ノ。

 

 

 

 宴の開始は19時と言うことで、15分前に『一福園』に着いたのですが、『覆麺』の大将も含めてほぼ全員がすでに集結済み(^^;。f:id:GERO_Matsu:20191129031634j:image

 

 挨拶も漫ろに慌てて腰を落ち着けるとこを探しますが、程なくして最後の1人も来られ、宴の開始です( ^o^)ノ。

 

 

 

 『覆麺』の大将の差し入れで、シャンパンが2本、皆の間を回りながら注がれ続け、この日はクルマだった私は、唇を濡らす程度に頂きました(^^;。

 乾杯の音頭も漫ろに、宴が始まりました( ^o^)ノ。

 

 最初は会話もなく硬かった面々ですが、お酒の力も借りて話しかけるうちに、やはり同じような食感性の持ち主同士ですので、次第に受け溶けていくことが出来ました( ^o^)ノ。

 

 

 

 そしてもちろん、『一福園』である以上、絶品の肉がどんどん運ばれて来ます( ^o^)ノ。

 

 もやしのナムルとキムチ、f:id:GERO_Matsu:20191129031655j:image

韓国風冷奴。f:id:GERO_Matsu:20191129031706j:image

 そしてレバー

f:id:GERO_Matsu:20191129031738j:image

ホルモンf:id:GERO_Matsu:20191129031749j:image

一福盛りf:id:GERO_Matsu:20191129031807j:image

プリップリのマルチョウf:id:GERO_Matsu:20191129031846j:image、そして大量の

f:id:GERO_Matsu:20191129031824j:imageトンチャン( ^o^)ノ。

 

 焼いては食べ、空けては注がれ、飲んでは語り…至福の時間がどんどん過ぎて行きます( ^o^)ノ。

 

 この辺りでエゴマの葉のキムチの乗ったご飯がf:id:GERO_Matsu:20191129031956j:image

運ばれて来て、『一福園』の大将の大盤振る舞い、f:id:GERO_Matsu:20191129032004j:image和牛のカルビの盛り合わせ…っ!!

 これが異常なほど美味しくて、ご飯と一緒の食べるのが最高でした( ^o^)ノ。

 

 

 

 明日も朝からお店に立つ『覆麺』の大将は、途中の退場となりましたが、大将のラーメンに対する考えや想い、そして『覆麺』の生い立ちに至る秘話などをじっくり聞くことが出来ました( ^o^)ノ。

 

 

 

 非常に楽しい時間を過ごすことが出来ましたが、この日は夜勤が控えていた私。

 10時のお開きを以って退場させて頂きました。

 

 本当は義弟も誘いたかったのですが、この日は義弟の長男の誕生日。

 色々と家族と過ごしたいだろうと思い、誘うのを遠慮したのですが、”ケツポリ“さんの呼号により、来年早々の『覆麺』公認の”新年会“の発起が( ^o^)ノ。

 

 次こそは義弟も誘って参加したいと思います( ^o^)ノ。

 

f:id:GERO_Matsu:20191129032110j:image
f:id:GERO_Matsu:20191129032132j:image
f:id:GERO_Matsu:20191129032100j:image
f:id:GERO_Matsu:20191129032120j:image

 

 縁というのは本当に奇妙なもので、ただ美味しいから好きで通うラーメン屋さんで、浅草の美味しいホルモン焼きのお店を知ることが出来、さらに酒を酌み交わす知り合いも出来ました。

 

 何が縁を結ぶのか、人智の及ぶところではありませんが、結縁を寿ぐ『覆麺』の大将のしみじみとした表情が、ぐっと来ました。

 

 多生の縁という言葉もありますが、それを時に応じて結び、寿ぐことが、以って「徳」というものだと、私は思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2019 All Rights Reserved.