松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「生ズワイガニ&ホッキ貝出汁の塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

 

f:id:GERO_Matsu:20191119134818j:image

 今回このラーメンは、カニ好きとしてはどうしても食べたくて、さらにホッキ貝を追うということで、その欲求に拍車がかかっていました(^^;。

ただ、初回チャレンジの際は売り切れで、ノーマル覆麺は美味しかったのですが、やっぱり欲深いダークな私としては、次の機会を虎視眈々と狙っていました(^^;。

そしてついにこの日、色々と都合をつけてありつくことに成功したわけですが、その努力は無駄ではなかった、と心底思えるラーメンでした( ^o^)ノ。

実際にお店に着いたのは、忙しくなる時間帯の少し前。
それほど並び客の列が長くないうちに来ることが出来てラッキーでした( ^o^)ノ。

お店に入ると早速食券を買うわけですが、なんか券売機の機嫌を損ねたか、小銭の認識が悪くてヤキモキ(^^;。
どうにか認識出来て、無事の食券を購入。
大将に渡しつつ、お冷で一杯(^^;。

茹で釜のお湯が黄色とオレンジの中間くらいの色で、そろそろ取り替えるのかな? と思っていたら、私達の分だけは、お湯を追加してなんとか追っ付け、その後にお湯を交換していました(^^;。

途中、スープを丼に張る際、いつものカウンター目の前においてある寸胴ではなく、茹で釜近くに置いてある一回り小さい寸胴からスープをすくっていたのですが、そこに見えたのは巨大な柄杓の中に隆々と詰まれたズワイガニのカケラ…(^^;。

まぁ大将のファンサービス的な部分もあったのでしょうが、その瞬間にブワァ〜っと立ち込めるカニの芳香…。
見た目と香りのダブルパンチに、期待が臨界点まで膨れ上がります(^^;。

 

f:id:GERO_Matsu:20191119134843j:image

 完成したラーメンが目の前に差し出されると、ホッキ貝のフレークディップの乗った姿に、「あぁそう言えばホッキ貝も…」、と今更ながらに思い出しました(^^;。

早速箸をとって食べてみると、香りはズワイガニ、味はカニの甘みとホッキ貝の旨味、といった感じで、黄金の二刀流と言った感じ( ^o^)ノ。

パシッと決まる強めの塩ダレもしっかりと効いていて、これはまさに私好み塩ラーメン、と心底思いました( ^o^)ノ。

そんなこんなでガッつくうちに、あっという間に完食(^^;。
幸福な時間って、過ぎ去るのが早いわけですね…(^^;。

この日から年末まで、私は夜勤が続きます。
これで少しは英気を養うことが出来たかなぁ…とも思うのですが、またエネルギーが切れたら、『覆麺』の補充しに来ようと思います。

今度は、もっともっとお腹を空かせて…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2019 All Rights Reserved.