松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

戸田 あぺたいと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

蕨(戸田)にある『あぺたいと 戸田店』にて、「焼きそば(ビッグ2.5玉)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

焼きたてのあぺたいとの焼きそばの美味しさは、私のような筆下手には、著せないほど美味しいです( ^o^)ノ。

以前、某中央区のお店で、作り置きの焼きそばを出されて、酷く失望させられたことがありました。
まぁ忙しい時間帯のことだけなのかも知れませんが、楽しみにしていたカミさんをがっかりさせた、その一事だけでも個人的には許容し難く、「このお店は2度と行かない」、と心底思いました。
提供に時間のかかる調理法で、じゃぁ調理台の数を多くすればいいじゃないか、と言っても特殊な調理台なのでそれも簡単には出来ない、そう言う事情は十分に酌むのですが、お店の看板メニューのクオリティを下げてどうする!?、と言う思いが強いです。

そんなわけで、なかなか食べる機会のなかった『あぺたいと』の焼きそばなのですが、先日戸田店の前を通る機会があって、抑える思いが抑えきれず、ついに食べに行ってしまいました(^^;。

『あぺたいと』の焼きそばの特徴は、お店の看板にも著されている「両面焼き」である事です( ^o^)ノ。

モチモチの太麺を薄く広げて、両面とも強火で焦げ目がしっかりとつくほどカリカリに焼きあげてあり、それを水分多めのソースを絡めて、表面を少しふやかしたところで解きほぐし、たっぷりのモヤシや豚肉、ネギと一緒食べる…その美味さはまさに以って掛け替えがありません( ^o^)ノ。

水分の多いサラサラのソースも、強火で炒め混ぜる際、適度に水分が飛び、また麺のでんぷん質を吸ってか、なんとも言えぬ照りととろみを纏い、全ての具材に満遍なく行き渡ります。
そのため、『あぺたいと』で焼きそばを食べる人は、皿にモヤシの一本も残さない、と言う言が、その美味さと全体の絶妙さを表現していると思います( ^o^)ノ。

作り方が、どうしても時間を要するため、食べに行くときは予め、時間に余裕を持って行く必要があります。

それでも、焼きそばに箸をさし、麺を大量にすくい上げ、息を吹きかけ冷ますのももどかしく、一気に口に運んでからの光悦さは、正に筆舌に尽くし難い美味しさです( ^o^)ノ。

カリカリの麺、モチモチの食感、少しスパイシーで適度に刺激のあるソース、そして芳気の立ち上る中をモヤシのシャキシャキ、豚肉の歯ごたえ、それらが相まって次の箸が当然のように進みます( ^o^)ノ。

カミさんや息子はもちろん、焼きそば好きの甥っ子や姪っ子、そして最近イッパシの口を聞くようになった(^^;、従甥姪も連れて行きたいなぁ…と、心底思います( ^o^)ノ。

それくらい、美味しかったです…( ^o^)ノ。f:id:GERO_Matsu:20191024153511j:image

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2019 All Rights Reserved.