松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 幸 「せいろ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

松戸の「戸定そば 幸」にて、「せいろ」を食べて来ました( ^o^)ノ。

急遽徹夜作業になってしまった昨夜。
明けて帰宅、そのまま泥のように眠って、起きたら誰も居ませんでした(^^;。

お昼頃にカミさんが帰ってきて、そのまま外で食事をすることにしました。

どこに行こうか暫時悩んだのですが、息子の通った幼稚園のそばに近年出来たお蕎麦屋さんがあって、そこに行ってみよう、と言うことになりました。


お店に着いてみると、いつも、通りすがりでは観ていたのですが、なるほど、感じの良いお蕎麦屋さんで、街のお蕎麦屋さん、と言うよりかは格式高く、かと言って蕎麦通しか通わないような隔絶した感じもなく、美味しいお蕎麦を食べさせてくれる、と言うことを信じてお店に入れるような、そんなフンワリとした気品高い気安さを感じさせます。

早速お店に入ると、お昼時とあって席がかなり埋まっていますが、入口のそばにちょうど二人がけのテーブルが空いていました。

そこに腰を下ろし、何を食べようかメニューを見て悩みますが、脳みそ絞って悩み抜くカミさんを横目に、さっさと食べたいものを決めて店員さんを呼んだところ、カミさんも慌てて腹を決めたようです(^^;。

と言うわけで、私はせいろを。
本当は太打ち蕎麦を食べたかったのですが、タイミング悪しく、前のお客さんで品切れになってしまったのだとか。
思わず恨み節が口を突いて出てしまいそうになりますが、そこはグッと飲み込みます(^^;。
ちなみにカミさんは「揚げ豆腐と餅せいろ」にしていました。

実際に注文の品が運ばれてくるまで待ちますが、ふと観ると、こちらは本当に手打ちのようです。
お店入口左に蕎麦室があり、そこで実際に蕎麦を打っているようです。

俄然期待が膨らみます。

そんなこんなを考えているウチに私のせいろが運ばれて来ました。

薄く盛られた蕎麦は細打ちで、箸袋の綺麗さが眼に光ります。

早速ツユを注いで、軽くひとすくい頂きます。



うん、美味しいです( ^o^)ノ。

蕎麦の香りもしっかりしていて喉越しも良く、なにより歯応えが小気味よくて…これぞ蕎麦!、と言う感じです( ^o^)ノ。
つゆも角のない柔らかさですが、意外と強くて、とても美味しく頂けました!


カミさんも揚げ豆腐と揚げ餅が抜群に美味しかったらしく、終始上機嫌でした( ^o^)ノ。

こちらのお店が出来て、数年が経つと思うのですが、近所にこんなに美味しいお蕎麦屋さんがあるとは…ちょっと感動してしまったのですが、逆に言うと、近所過ぎてなかなか行く機会が無いという…なんとも悔しい皮肉です(^^;。

最後、トロリと濃いそば湯を頂いて、お店を後にしました。

う~ん…隣の方が食べていた鴨焼きの香りが脳裏にこびり付いてしまいました…次は鴨せいろなんかもいいかも知れませんね…( ^o^)ノ。
…そんなことを考えていると、またお腹が減ってきてしまいました…。

蕎麦って、本当に罪な食べ物ですよね…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.