松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

浅草 一福園

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 浅草の『一福園』にて、『覆麺』ファンの面々とホルモンを食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200321005056j:image

 この三連休、浅草のホルモン焼き店『一福園』にて、1000円で2時間飲み放題企画を行なっていまして、それに合わせて神保町にラーメン店『覆麺』に集うファン&常連さんたちの発起により、浅草を少しでも盛り上げようと、飲み会が呼びかけられました( ^o^)ノ。

 もちろん私も参加したかったのですが、お酒に弱く、また移動がクルマであることがほとんどの私は、アルコールが飲めません。

 飲めない私が参加しても、興を損ねると思い、参加の挙手はあげませんでした。

 しかし、先の新年会以来、『一福園』に行く機会がなかった私は、思いが募って、『覆麺』のそれとはまた別で、個人で予約して食べに行くことにしました(^^;。

 ちなみに、久しく『一福園』に行けておらず、フラストレーションが溜まっていたのは義弟も一緒。

 と言うわけで、義弟も誘って、二人で『一福園』にお邪魔することにしました(^^;。

 ところが、『一福園』の大将から連絡があり、『覆麺』のメンバーと相席にしないか、とのお誘い。

 つまらない思いをさてはいけないと思って自重しましたが、受け入れてくれるのであれば参加しない選択肢はありません( ^o^)ノ。

 有り難く提案に乗り、お店に向かうことにしました( ^o^)ノ。

 実はこの日は、午後に仕事が入っていたのですが、諸事情に依りその物件がトんでしまい、浅草には集合より1時間も早く、到着してしまいました。

 これは早過ぎると思い、クルマの中で時間が経つのを待っていたのですが、そのまま爆睡(^^;。
 目が覚めたのは集合5分前(^^;。

 大慌てで『一福園』に向かうと、『覆麺』の大 将を含め、すでに皆さんお揃いでした(^^;。

 飲み物を配って、急に乾杯の音頭を指名された某さんが慌てて音頭を合わせ、宴が始まります。

 最初はいつものもやしのナムルがお通しとして出されます。

f:id:GERO_Matsu:20200321005125j:image

 そして、豚レバー。
 こちらはみんなが口を揃えて言う『一福園』の名物で、レバ刺しでも食べられるような、新鮮なレバーです。
 しかも今日は大将が奮発してくれたのか、切りが厚いです( ^o^)ノ。

 みんな声を掛け合って、「生はダメ」、「きちんと焼いて火を通すように」、「レバ刺しでもいけるけど、それは絶対にダメ」、と念を押しあいつつ、皆好き好きに味わいます( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200321005138j:image

 またニンニクダレも美味しいんですよ…( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200321005153j:image

 そして塩ホルモン三点盛りが出されて、「これってどこの部位だっけ〜っ!?」、と言う声も上がりますが、明確な回答は誰もせず、ただ一言、「肉」、のみ(^^;。

f:id:GERO_Matsu:20200321005206j:image

 ここでキムチと、『覆麺』の大将が持参してくれた、「サルエビのペースト」が出されました。

f:id:GERO_Matsu:20200321005214j:image
 これがまた特別に美味くて、何に合わせても最高ですし、何より味がじんわりと深く、これだけで日本酒がいけちゃうくらいです( ^o^)ノ。

 基本、大入りだったこの日は、どうしても焼き物の提供が遅くなります。

 しかし、その間は酒を酌み交わし、話の輪に花が咲きます( ^o^)ノ。

 最初うちは初めての顔わせで緊張していた様子の義弟も、元来の打ち解けやすい性格と、アルコールの後押し、そして『覆麺』メンバーの気さくなさも手伝って、次第に楽しくなってくれたようです。

f:id:GERO_Matsu:20200321005229j:image

 また塩ホルモンが出て、これを焼きつつ、『覆麺』の大将がご満悦( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200321005328j:image

f:id:GERO_Matsu:20200321005247j:image

 トロ軟骨が出て、初めて食べる人の感嘆。

f:id:GERO_Matsu:20200321005315j:image
 そして赤身肉( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200321005337j:image

 ハサミで切り分ける巨大な肉なのですが、これを食べるにあたって、X JAPANのToshiさんも絶賛した、玉子の黄身が必要になります( ^o^)ノ。

 白身の盛り上がった新鮮な卵を、セパレーターの上に受け、白身と黄身を分けるのですが、たったこれだけのことが大騒ぎ(^^;。

f:id:GERO_Matsu:20200321005353j:image

 上手く行く者、ダメな者、悲喜交々に笑いを繰り広げ、最後に残った白身で「大人のおままごと」で締めました( ^o^)ノ。

 この上ない盛況で幕を閉じた “『覆麺』の集い” (私が勝手に命名しました(^^;)も、万年…じゃなくて永年幹事も就任し、今後、折を見て宴がまた広げられると思います( ^o^)ノ。

 一軒のラーメン店から広がった小さな集いですが、その熱量はなかなかのものです。
 その熱量を少しでも浅草に灯ればと思って集ったわけですが、その縁の不思議さに首を傾げつつ、笑みが湧いて来ます( ^o^)ノ。

 世間巷では色々な不穏も肌に感じますが、願わくば、笑顔で吹き飛ばして、時折々の時勢を楽しめる、市井が早く戻ることを、願ってやみません。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.