松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 神保町の『覆麺』にて、「サルエビ煮干し出汁のつけそば(熱・塩)を食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200306123341j:image

 サルエビと言うのは、比較的小型のエビで、日本全国で水揚げされ、漁獲量もそれなりに多いため、むきエビやかき揚げ、干し海老や海老煎などなど、多方面の食材として活用されていて、時には釣り餌にもなったりします( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200306123350j:image

 『覆麺』の大将がそのサルエビの煮干しを出汁に使うと言うからには、きっとまた“半端ない”ことになるんだろうなぁ、と予想はしていましたが、事実そうでした(^^;。

まずは香りが凄いです( ^o^)ノ。

 お店に入った瞬間に分かる海老の香り。 干し海老を煮出したような芳香が店内を漂っていて、脳味噌の中の“腹減りスイッチ”がピーンっ!、と押されるのが分かりました(^^;。

 この日は花木さんのワンオペ。
 大将は不在なんだ…と思っていたら、なんと客席に私服姿でグラス片手の陣取る大将が(^^;。

 成績発表待ちで多少気が気でない雰囲気の常連学生さんに麦酒を注ぎながら、ご機嫌の様子です(^^;。

 つけそばのツユは醤油と塩が選べるようですが、やっぱり私は塩をチョイス( ^o^)ノ。
 麺も熱盛りか冷盛りかを選べますが、寒い外から来た手前、やっぱり熱盛りですね(^^;。

 そんなうちに先にツユを出されたのですが、この小丼から漂う香りがまた強烈で、胃袋が締め上げられそうな感覚に陥ります(^^;。

 花木さん、早く麺を出して下さい…と心底思いながら出されたのが、一見ラーメン風の熱盛りです( ^o^)ノ。

 スープをはった丼に、麺やその他の具材が載っているので、見た限りでは淡麗な「塩ラーメン」のようにも見えますが、タレは入っていないので、このまま食べてもそれほど塩気はありません(^^;。

 この麺をすくって、ツユにくぐらせて頂くのですが…うん、まさにエビ( ^o^)ノ。

 エビ煮干しを揚げて砕いて練り上げた、香ばしい味噌のようなものも、時々溶かしてみますが、海老の風味にターボがかかるような感じで、他ではなかなか食べられない旨さです( ^o^)ノ。

 大満足のうちに完食して、花木さんと大将にご馳走様を伝えてお店を出るのですが、最近常連さんのTwitter間で流行っている、“初めてのお客さんを演じる”茶番を披露(^^;。

 「なんなんだよ、あれ〜っ(^^;!」

 ケラケラ笑う大将に、「常連さん達の愉しみで す」、と伝えてお店を出ました(^^;。

 美味しいものを一人で楽しむのももちろん良いですが、少なくとも「好きなラーメン屋」、と言う点では同じ方向を抜いている人同士の縁も、また楽しいものだと思いました( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.