松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

龍ケ崎 新京 「半チャンラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

龍ケ崎の『新京』にて、「半チャンラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

私の行動範囲からはかなり逸脱しているのですが、以前お世話になっていた会社の助っ人として呼ばれ、茨城県まで行って来ました。

全く地の利のない土地での昼食となったので、スマホ大活用でインターネット様々、漸く見つけたお店がこちらでした。


お店に入ると、街のラーメン屋、と言った風情で、いくら言を労したとしても感じとしては「田舎のラーメン屋」(^^;。

メニューも基本、それに準じた感じで、一番無難な「半チャンラーメン」をチョイスしました。

オバサン店員さんがお冷やを出してくれて、それで喉を潤しながらラーメンが運ばれてくるのを待ちますが、厨房の方からカンカンと、中華鍋を叩く音が響いてきました。
どうやら私の半チャーハンを作っているようなのですが、注文が入ってから一食づつしっかり作っているんだ、と思っていると、お盆に載った「半チャンラーメン」が運ばれて来ました。


一見すると、「半チャンラーメン」ってこう、と言うまるで図鑑で紹介されてそうな、これ以上無いくらいオーソドックスな「半チャンラーメン」です(^^;。

実際に食べてみると、醤油ラーメンにしても ” The 醤油ラーメン ” と言う感じで、特徴も無ければヘタを打つようなところもありません。
刻んだナルトが入った半チャーハンも、無難にそつなく美味しいです(^^;。

しかし、食べ終わってみると、なんとなく物足りなくて、もう少し食べたいなぁ…と思わせる不思議な魅力があって、クルマに戻ってハンドルを握る頃には、美味しかった記憶だけが残っています。

私が食べるような市井のラーメンって、これで十分なのかも知れない…。
” 起きて半畳、寝て一畳 ” と言うような、身の丈に合って、それでいてしっかり美味しくて満足出来る、それが一番なのかも知れない…。

そんな、詫び寂びも教えてくれた、そう言うラーメンでした…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.