松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

鶯谷 ドトール 「ブレンドコーヒー」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

鶯谷の『ドトールコーヒー』にて、「ブレンド」を購入して来ました( ^o^)ノ。

実は、ドトールのコーヒーって、大好きなんです…(^^;。


個人的に、結構コーヒーは多飲する方で、正直なことを言ってしまうと、格好つけてブラックコーヒーを飲んでいるうちに、いつの間にかコーヒーを飲まないと身体の中のエンジンがかからないような気がして、今では毎日結構な量を飲むようになってしまいました(^^;。

とか言いながら、実はコーヒー、と言うかカフェインに弱くて、短時間に2〜3杯のコーヒーを飲んでしまうと、軽く酔っ払ったような感じになってします(^^;。
最初のうちはこれがなんなのかよく分からなくて、Yahoo!の知恵袋で質問したところ、「まごうことなき急性カフェイン中毒です」、と言われて大いに焦った記憶があります(^^;。

なので、それ以来、あまり無下な飲み方はせず、適度に、節度を守った飲み方をするようにしています(^^;。

一時期、某スターバックスや某タリーズ等、お洒落なコーヒーショップが隆盛を極めて、私も通った経験があるのですが、意外と淹れてくれる人によるのかお店の方針なのか、味が結構違うと言うか、純粋にイタリアンローストが好みではないとかの理由もあって、いつの間にか行く回数が減ってしまいました。

悲しいかな、純粋にお値段が高い、と言うのもあり、私にとってコーヒーは普通に飲むお茶のようなモノで、もっと気軽に飲める金額でないと、なかなか通うことが難しい、と言う経済的な問題もありました(^^;。


私にとって、松戸駅の東口にあるドトールコーヒーや、秋葉原のドトールコーヒーによく通っていたことから、舌もドトールのコーヒーの味に慣れてしまっていた、と言うのが一番の理由だとは思います。
ですが、私にとって、一番安心出来るコーヒーの味が、会社で某Sさんがいつも淹れてくれていたコーヒー、そして次にドトールのコーヒー、これが一番安心出来る味なんです(^^;。

もっとも、転職を機にS女史のコーヒーは飲めなくなってしまいましたし、最近ではコンビニでもっと気軽に飲めるコーヒーが手に入るようになったので、すっかりドトールにも足が遠のいてしまいましたが、お店を見かけて、ちょっと時間があると、ついつい入ってしまうのが、ドトールなんです(^^;。

コーヒー以外にも実は、絞りたてのグレープフルーツジュースが絶品ですし、レタスドッグもミラノサンドも最高です( ^o^)ノ。
お給料が出た後とか、懐に余裕がある時は、ついついコーヒーと一緒に買ってしまいます(^^;。

流山の街道沿い、ガソリンスタンドに併設されているドトールは、原則として24時間営業なので、よく友人と映画を見た帰りに立ち寄り、コーヒー1杯とケーキで、映画を観た時間よりも長く、語り合ったりもしました(^^;。

そんな、思い出と味が一緒に蘇るのが、私にとっての『ドトールコーヒー』なので、多分、一生通い続けるんだろうなぁ…と思います(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.