松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 神保町の『覆麺』にて、「ホタテ出汁の悪いつけそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200325225648j:image

 なんで私は『覆麺』についつい行ってしまうのだろう…と考えてみましたが、クルマ運用者に優しい、と言うのを、ふと思いました(^^;。

 美味いのは当たり前なのですが(^^;、クルマで動く人間にとって、近くにパーキングメーターが比較的揃っている、これが嬉しいんです(^^;。

 と言うわけで、この日も安心してクルマを停めて、『覆麺』に向かいました( ^o^)ノ。

 ちなみに、「ホタテ出汁の悪い奴」は、もうすでに以前、食べていたので、この日は久しぶりに「山椒まぜそば」…とかって思っていたのですが、大将のTwitterを見て、「悪いつけそば」を思い出し、それにすることにしました( ^o^)ノ。

 まず最初に、タレを脂で割っただけのつけ汁が出されます。

f:id:GERO_Matsu:20200325225659j:image
 ほぼほぼタレOnlyですが、これぞ “悪” 感が出ていてニョキニョキします(^^;。

 そして、スープを張った麺が到着( ^o^)ノ。

 早速麺を手繰ってつけ汁にドボン。
 キュッと頂きますが、これがまた不思議な程、快味なんですよね( ^o^)ノ。

 常識で考えたら、塩っぱいだけで美味い訳がない、と思うのですが、丸く甘みの強いタレに麺を潜らせて手繰る、スープの残り香とともに…メチャメチャ美味いんです( ^o^)ノ。

 途中、大将がサービスでホタテのディップを乗せてくれて、これを絡めると、また…( ^o^)ノ。

 そして、麺を食べ終わったら、つけ汁をレンゲですくって一口。
 確かにこのまま飲むのは喉に染みるような塩辛さがありますが、次にスープを口に含むと、ヒリッとした感覚が瞬間的にマイルドになって、またスープの香りも口一杯に広がります( ^o^)ノ。

 そして、何度か楽しんだら、まだ残るつけ汁をスープに注いで、薄めて一気に頂きます( ^o^)ノ。

 「悪い奴」ももちろん美味しいんですが、スープの味、印象が、当たり前ですがずっと同じです。
 ところが、「悪いつけそば」の場合だと、毎回毎回、口で味わう印象が変わり、自分の好みの味わいだったり、驚きがあったりと、「悪い奴」より、より飽きの来ない食べ方だと思いました( ^o^)ノ。

 結論から言うと、やっぱ『覆麺』は未だに驚きの発見があって、毎回満足させてくれる、そんなお店なんだなぁ…とつくづく思いました( ^o^)ノ。

 ディズニーのアニメ映画『レミーのおいしいレストラン』の最後、イーゴの言う「Surprise me!」が、心底理解出来るお店です( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.