松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

船橋 赤坂味一 「中華ソバ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

船橋の『赤坂味一』で、「中華ソバ」を食べて来ました( ^o^)ノ。

時々、無性に食べたくなるのが、この船橋の『味一』さんです( ^o^)ノ。
ガツンと来る煮干し、こあく(=「固く」)コシの強い黄色い麺、そしてそれらをガッツリと堪能出来るだけの量!!

味と量とお値段が、見事に素晴らしいハーモニーを奏でるラーメンなんです( ^o^)ノ。

この日は昨日からの雨がまだ残っていて、一日中ずっと降ったりやんだりの繰返し。
お昼時は雨脚も弱くなり、クルマを停めた駐車場から、それほど濡れずにお店に行く事が出来ました。

暖簾をくぐってお店に入ると、カウンター席もテーブル席も、ほぼほぼ満席でごった返しています。
テーブル席にいくつか席の空きがあったので、そこに相席をお願いして座らせてもらいます。

と同時に、「中華ソバ」を注文。
ちなみに数年前までは、原則として大盛りにしていましたが、最近では余程のことが無い限り、普通盛りです(^^;。

と言うのもこちらのお店、最初にネタバレしてしまいますが、量が凄まじいんです。
普通盛りの時点で、大凡のお店の大盛りくらいの量があり、これで大盛りにすると、結果は推して知るべし、と言う感じ(^^;。
実に、麺としては3玉は有るんじゃ無いか、と言うほどの量になります(^^;。

流石にもうそんなに食べられませんので、普通盛りで注文。

繁忙な時間帯とあって、なかなか運ばれて来ませんが、後から来た隣の人の方が先に来たな…と思ったら、その直後に私のオーダーも運ばれて来ました( ^o^)ノ。

一見すると、何ともシンプルな中華ソバ、と言う感じですが、実際にその通りです(^^;。
ただ、このスープが実に特筆モノで、どれだけ入れて居るんだよ…と呆れてしまうほどの煮干しの味わいなんです…( ^o^)ノ。
ここまで来れば、ともすれば苦く感じてしまうほどですが、俗に言うところの煮干し粉を、大量に溶かした灰色の煮干しスープ、と言うわけではなく、純粋に煮干しを煮込んで炊いて、煮干しの味わいだけを濃厚に抽出したスープとなっています。


もちろん、煮干しの他にもガラ系や鰹節系の香りも素晴らしいのですが、まず最初にガツンと感じるのは、やっぱり煮干しの風味です…( ^o^)ノ。

そして、黄色い少し太めの麺が、ガッチリとしたコシの強い麺で、それでいて凄いボリュームがあります。
ちょこんと乗ったナルトも愛らしく、質実剛健なラーメンに、華やかな彩りを演出しています( ^o^)ノ。

兎にも角にも、これだけの量があると、手を止めてしまうと一気にお腹が落ち着いてしまって、次の一口に多大な勇気が必要になってしまいます(^^;。
ここは一つ、満腹を感じる前に、ガンガン食べ進めることにしました( ^o^)ノ。

そんなわけで、脇目も振らずに食べ続け…ふと丼を観ると、何も残っていませんでした…(^^;。

ふ…今日も完食してしまった…と思いつつ、大盛りに挑戦出来る勇気も胆力も無く、少し肌寒感じる9月に入ったばかりのこの日、一人クルマに戻りました…(^^;。

ん~。
このお店の大盛りを挑戦するに相応しい人間は…。
ふと、甥っ子の顔が思い浮かびました。

…うん、今度は甥っ子を連れて行こうかと思います( ^o^)ノ。
そして、ぎゃふんと、言わせてみたいです…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.