松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

船橋 とものもと 「醤油ラーメン with ワンタン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

船橋の『とものもと』にて、「醤油ラーメン with ワンタン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

こちらのお店、以前はもっと別の場所にあったのですが、そちらの頃は何回か食べに行ったことがありました。
非常に美味しかったので、カミさんと息子を伴って、移転してから再度訪問したところ、凄まじい並び客に度肝の抜かして、回れ右して帰って来てしまいました(^^;。

その後、この日再び義弟と伺ってみたところ、並び客も無く、空いているように見えたので、すぐ向かいのコインパーキングにクルマを停めて向かいました。

お店に入ると、すぐ目の前に食券機。
右手が待合のようで、そこには待ち客がいたのですが、1名のみ。
タイミングが良かったのか、その後何人もお客さんが入ってきたので、正に私達はタイミングが良かったのでしょう( ^o^)ノ。

メニューとしては醤油ラーメンや塩ラーメン、つけ麺なんかもあるようですが、久しぶりに来たので、ここは一番メインの醤油ラーメンをチョイス。
ただ、それだけだと寂しいので、トッピングにワンタンを追加しました。

席に着いてみると、セルフサービスのお冷やを、店員さんが持って来てくれました。
有り難かったのですが、こう言う暑い日はどうしてもお冷やの進みも早くなります。
基本はセルフサービスなのでお冷やのおかわりは自分で取りに行くのですが、給水器は背後にあって、席を立つ必要があります。
もし出来ることであれば、カウンターに氷水のデキャンタを置いてもらえると嬉しいなぁ…と思いました(^^;。

そんなことを思っているウチに、ラーメンが運ばれて来ました。

半分の煮卵、ほうれん草、シナチク、海苔、そして2種類のチャーシュー、粗く刻んだ葱…。
ワンタンも顔をのぞかせています。

前のお店で食べた時とは印象が大分違い、チャーシューもワンタンも違います。


また、前のお店では蛤(ホンビノス貝?)が乗っていて、青葉もほうれん草では無く三つ葉でした。

しかし、全体として見た目は非常に整ったラーメンと言う印象で、期待に胸膨らませて箸を取ります( ^o^)ノ。

そして驚いたのが、麺も違っていました。


以前のお店の時は、麺は緩く縮れの掛かったストレートの丸麺で、今回の麺は乱切り風の強く縮れの掛かった麺です。

正直なところ、今の麺の方が好みでしたので、これはこれで嬉しい変化でした(^^;。

味そのものは、前のお店の味を明確には覚えていないのですが、非常に美味しいというのが第一印象。
鶏ガラと豚のうま味がギュ~ッと出ていて、何とも言えない太い味。
正に肉系、動物系のうま味に溢れている、と言う感じで、薄くサポートする鰹の感じも良いです( ^o^)ノ。

麺も、ビロビロで食感も良く、次第にスープを吸って伸びてくるのですが、これが “伸びる” と言う表現に非ず、優しい柔らかさになって行き、個人的には「伸びても美味しい麺」、と言うかなり希有な印象を受けました( ^o^)ノ。

非常に美味しく食べ進めることが出来ました。
最後にスープを頂いたのですが、一緒に食べた義弟曰く、スープが非常に美味しかったので、油がちょっと邪魔だった、と言っていましたが、それはそれ、人の意見と言うことで(^^;。
私の意見としては、非常に美味しいのですが、前述の通り、ストレートに動物系の旨味が非常に強いので、最初は抜群に美味しいのですが、次第に味に慣れてきてしまい、ともすれば飽きてしまう感じもしました。

兎にも角にも、美味しいことには間違いなく、これならカミさんも安心して連れてこられると思います。
…今度空いているときは、この日のようにタイミングが良いと良いなぁ…と思いました(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.