松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 凱婷縁 「曹国舅(そうこっきゅう)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』にて、「曹国舅(そうこっきゅう)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

私が一昨年、『凱婷縁』さんで初めて食べたのが「曹国舅」で、当時いたスキンヘッドの店員さんに「畳鰯が玉板のモチーフなんですか?」、と尋ねたのが『凱婷縁』さんとの縁の始まりでした( ^o^)ノ。
(最近お見かけしませんが、退職されてしまったんでしょうか…よくして頂いていたので、少し寂しいです(^^;)。

その後、何度か「曹国舅」を食べたのですが、結構進化の激しい『凱婷縁』にあって、比較的極端な変化が少なく、畳鰯のトレードマークが良く似合うのが、「曹国舅」だと思います( ^o^)ノ。


兎にも角にも今年最初の『凱婷縁』です。
いそいそとお店に向かうと、いつものようにいつもの場所にクルマを停め、お店に入ります。
お昼時とあって先客もいますが、まだ正月が明けたばかりで松も取れていませんので、正直それほど多くのお客さんがいる、と言うわけではないのでしょうが、それでも私が居る間にお客さんが何人か来られました。


まずは新年の挨拶を済ませ、この日は大体気分が決まっていたので、ちょっとメニューを確認しつつ「曹国舅」の食券を購入しました(^^;。

席に着いて、一言二言、料理長さんと話をしているうちに、カミさんから取り留めないLINEが入ってきて、それを返信したりするウチにラーメンが運ばれて来ました( ^o^)ノ。

さらに、今日もまたサービスライスを付けてもらったのですが、脇に添えてあるのがいつもの辛味噌ではなく、自家製の海苔の佃煮でした( ^o^)ノ。


そんなわけで、「曹国舅」です。

彩り的には基本茶色い、あまり映える要素はないのですが、2枚の海苔の間にさりげなく隠れている畳鰯が、前述の通りトレードマークです( ^o^)ノ。
炙ってあるようで、パリパリとしていて香ばしく、スープに浸けて食べるも良し、そのままパリパリ頂くのも良し、崩して麺に絡めて食べても美味しいです( ^o^)ノ。

3種類のチャーシューがまたリッチな感じで、今までは鶏肉のチャーシューが好きだったんですが、なんか今日は、バラのチャーシューが美味しかったです…お正月のお雑煮ばかりの日々で、脂っ気に飢えていたのでしょうか…(^^;。

ぶっといシナチクや、多めの白髪葱も良いアクセントで、トロリとした煮玉子も美味しいんです( ^o^)ノ。

麺は基本、共通のストレート麺ですが、今日は少し柔らかめのゆで加減。
と言うか、コシのある麺は美味しいですが、最近は少し柔らかめの方が、スープの絡みや食感も優しくて美味しいなぁ…と思いつつある48歳(^^;。
なので、豚骨ラーメンなんかもで、バリカタを卒業して、最近は “やわ” で頼むことが多いです(^^;。

んで、全部食べ終わった後に、サービスライスにスープを加えてゾロゾロと頂くのが美味しくて…( ^o^)ノ。
そして、スープを飲み干すときに感じる、意外なほど繊細で、スープだけを味わって呑むからこそ分かる具材の特徴とその存在感…。
じゅんと呑まなければ分からない、醤油のコクに隠れてしまいそうな淡く繊細な煮干しの美味さが、静かに光ります( ^o^)ノ。

そんなわけで、今年最初の『凱婷縁』は「曹国舅」となりました( ^o^)ノ。

『凱婷縁』さんのことだから、きっとまたどんどん進化していったり、新しいメニューが飛び出したりするのでしょうが、それがまた楽しみでもあります( ^o^)ノ。
個人的には、冷やしラーメンが非常に美味しかったので、出来ればレギュラー化、または早めの再登板をお願いしたいです…( ^o^)ノ。

本年も、よろしくお願いいたします( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.