松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 凱婷縁 「呂洞賓(りょどうひん)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』で、「呂洞賓(りょどうひん)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

なんでも、担々麺である「呂洞賓」が、”レンゲが立つほど濃厚になった” 、と言う話を以前聞き、ちょっと興味が湧きました(^^;。

ただ、あんまり濃厚すぎるのは胃にキツイので、体調の良いに日に…と思っていたのですが、この日、ついにチャレンジすることが出来ました( ^o^)ノ。

お店に着くと、すぐに食券を購入。
「呂洞賓」をお願いしました。

どんな感じなんだろうなぁ…と、半分楽しみ、半分不安で、待つこと暫し(^^;。
目の前に運ばれて来ました( ^o^)ノ。

 

おぉ…マジにレンゲが立って居るではないですか…(^^;。

肉味噌、ネギ、ナッツ、水菜、糸唐辛子…。
その真ん中に、堂々とレンゲが立っています(^^;。

少々面食らいながらも、そのレンゲを取って、良く内容をかき混ぜます。
ただ、その前に、まずは一口…。

大凡想像してた感じとは全く違って、濃厚なんですがしつこいと言う感じはしません。
と言うか、ビックリするほど、しっかり魚の出汁が感じられます( ^o^)ノ。

もちろん、豚骨の風味はあるのですが、どちらかというと鶏も…?
それよりも何よりも、魚系の風味が強いのに驚きました。

正直、ドロドロ豚骨かドロドロ鶏ガラを想像していたので、この食べやすさは完全に想定外(^^;。
かなり驚いて料理長さんに聞いてしまいました。

すると、ベースとするスープがあって、それに豆乳などを加えているのだとか。
なるほど…この、優しい感じは豆乳なんですね…。

あまりに濃厚すぎると、途中で飽きが来てしまうので、単調な味ではなく、また結構なしっかりとした辛みもあって、最後まで中ダレすることなく、完食することが出来ました( ^o^)ノ。

また、サービスライスが非常に合います(^^;。
この濃厚なスープで食べるライスというのが、最高です( ^o^)ノ。


そんなわけで、新たにもらったスタンプカードの一番最初は、「呂洞賓」となりました( ^o^)ノ。

前回、スタンプカードがランクアップするまで、約10ヶ月かかってしまいました…。
と言うのも、八仙のラーメン以外にも、限定だったり新メニューだったり、結構浮気してしまいましたので…(^^;。

今あるカードに八仙が名を連ねるまで、どれくらいかかるでしょうか…。
う~ん…。
神仙までは、まだまだ道のりが遠そうです…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.