松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神田 カープ 「広島お好み焼き」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神田の『広島お好み焼きカープ』にて、「お好み焼き」を食べて来ました( ^o^)ノ。

この日、実は秋葉原の某『凱婷縁』に家族で行こうとしたのですが、なんと定休日(^^;。
すっかりそのことを忘れていた自分は、クルマを停めてお店の前まで行って愕然としました(^^;。

とは言っても、不貞腐れても仕方が無いので、そのままカミさんと息子を連れて、『カープ』まで足を伸ばしました。

こちらのお好み焼き屋さん、俗に言うところの「広島お好み焼き」のお店で、目の前のカウンターが全て鉄板になっていて、その場でお店の人がお好み焼きを作ってくれます。

こちらのお店、私は大好きなのですが、どうも隣でカミさんがあまり良い顔をしません。

訳を聞くと、いつもソースが少なくて味がない、とのこと。
ちょっと面食らって、カウンターにソースが置いてあるんだから、足りないと思えばいくらでも自分で掛ければ好いじゃ無いか、と話したら、それってマナー違反だと思っていたとのこと。
…串揚げの二度付けじゃ無いんだから…と笑い飛ばすと、お店に向かう足取りも軽くなったよう見えました(^^;。


と言うわけで、お店に着くと、お店の前には数人の並び客がいて、丁度のその人達が中に入っていくところでした。
お店に首を突っこんでみると、満席になってしまったようで、少し待っていて欲しいとのこと。

素直に外のベンチに腰を掛けて待っていると、次から次へとお客さんが来て、後ろに並んでいきます。
程なくしてお客さんが席を立ち、代わりに私たち家族が入店することが出来ました。

ジャンパーを脱ぎながら席に着くと、直ぐに「ソバで2つ、1つソバのレディースを」、と注文します。

『カープ』では、お好み焼きに入っている麺が、ソバとうどんを選べるんです。
今回はみんなソバにして、1つは息子用に小さな「レディース」にしてもらいました。

目の前で、クレープのように薄い生地を焼き、その上にこんもりと一掴みのキャベツを載せ、塩胡椒を振ったら、天かすやイカ天等を載せ、更に豚肉を乗せていきます。


そのまま焼いて、ひっくり返たら、暫く放置。その後コテで押しつけながら焼き、最後に薄く焼き上げた卵焼きの上に載せて、ソースを塗ったら完成です。

目の前に差しだされたお好み焼きを、自分の好みの大きさにコテで切り分けで、思い思いに頂きます。


ちなみに私の隣に座っていたご夫婦は、なんでも広島出身なんだとか。
しかもお店の人と同じ出身校だったようで、少し話しが盛り上がっていましたが、お箸を使わずにコテだけで食べていました。
う~ん…流石は広島人…堂に入っています(^^;。

熱々のお好み焼きをハフハフ言いながら食べるのは、なかなかの快味です( ^o^)ノ。
ソースのことが気になっていたカミさんも、今回はたっぷりと使えたようです。
なにより美味しく食べられたようで良かったです(^^;。

息子にも、サービスでヤクルトがもらえたりして、無愛想な感じの店主も、本当に無愛想なわけでは無く、忙しくて愛想をなかなか振りまけないだけのようです。
実際、奥様に叱り飛ばされながら、良い感じに尻に敷かれているように見せて、キビキビと動いていました(^^;。

と言うわけで、寒い時候に熱々のお好み焼き、と言うのも格別です…。
今度は、義弟家族でも連れて行ってみようかなぁ…と思いました…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.