松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神田和泉町 Aarti ビリヤニセット

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神田和泉町の『インディアンレストラン Aarti』にて、「ビリヤニセット」を食べて来ました( ^o^)ノ。

地名的には神田ではありますが、ざっくり言ってしまうと、「秋葉原の昭和通りを挟んだ電気街とは反対側」、と行った方が分かり易いんじゃ無いか、と思う、そんな場所の裏路地に、こちらのお店はありました。

一時期、初めて食べたビリヤニが美味しくて、ずっとそれにハマっていた時期が合ったのですが、ちょっと久しぶりにビリヤニの文字のを見つけて、居ても立っても居られなくなりました(^^;。

同僚を誘って入店したのですが、同僚はカレーのセットにしていました。
私は当初の目的通り、ビリヤニを行きます( ^o^)ノ。

注文して暫し。
先に同僚のカレーセットが運ばれて来ました。


少しして、私のビリヤニセットも。

観ると、かなりの量のビリヤニです(^^;。
一応、200円でカレーがひとつ付くのですが、私は「里芋と鶏肉のカレー」にしました。

早速食べてみるのですが、まずはインド料理定番の、オレンジ色のドレッシングのかかったサラダから。
チャッチャと食べ終えたら、メインディッシュのビリヤニです( ^o^)ノ。

私の好きな長粒種を使ったビリヤニで、結構な辛さがあります。
火を噴くほどではありませんが、あとからカァ~っ、と熱くなるくらいのホットさはあり、この辛さが後を引きます( ^o^)ノ。

パサついた長粒種のお米は、コシがなく、口の中ですぐに解けてしまうのですが、これが長粒種の特徴でもあります。

ビリヤニの作り方は知らないので、またこちらのお店でどのような調理をしているのかも分かりませんが、感じとしてはスパイスを練ったモノを、ご飯に混ぜているのかな?
スパイスを練ったモノが、塊になって残っているところがあって、その部分を口にすると、清明なスパイス感が爆発します(^^;。

ビリヤニの中には、大きな骨付きの鶏肉が隠れていて、ちょっとパサついた感じがして、肉そのものに旨味はないのですが、大量のビリヤニを食べていると、そんなお肉が絶妙に美味しく感じてしまいます(^^;。

更に、酸味をしっかりと効かせたヨーグルトソースをビリヤニと一緒に食べると、サッと清涼な感じでスパイスに疲れた口をリセットしてくれます。
また、追加したカレーも意外なほど美味しくて、単調になりがちなビリヤニに対するアシストが都度素晴らしいです( ^o^)ノ。


食べ終わった後、チャイが出たのですが、余りスパイス感のない、一般的な「濃いミルクティー」と言った感じで、口当たりは良いのですが、ちょっと特徴が無いかなぁ(^^;。

全体として、お腹も十二分に膨れましたし、非常に美味しかったのですが、比較的日本人でも食べやすくなっているなぁ、と言う感じで、強烈なパンチ力、と言うものは余り感じませんでした。

ちなみに同僚は、カレーにナンをお願いしていたのですが、実はしっかりとご飯(短粒種)も付いていたりして、とてもじゃないですがナンをおかわりするような余裕は無かったようです(^^;。

個人的には、美味しいお店を見つけてしまった、と思いました( ^o^)ノ。
今度は、カレーメインでも、食べてみたいですね!!

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.