松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 「黒毛和牛 牛骨出汁の塩ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「黒毛和牛 牛骨出汁の塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

大将が思わず、「懐かしいな」、と言ってしまうほど、純粋に牛骨のラーメンは久しぶりです( ^o^)ノ。

思い起こせば私が『がんこラーメン』を好きになったのは、この牛骨をメインにしたスープでした。

初めて食べたのは秋葉原の『がんこラーメン』だったのですが、初めて食べたときは、兎に角塩っぱい、と言うイメージしか無かったのですが、蕩けるような円いチャーシューが珍しかったり、なによりお店のご夫婦が人当たり良くて、何度も通ううちにどハマりしました(^^;。

そんなこんな、いろいろな紆余曲折有って『覆麺』に辿り着き、「塩ラーメン」に惚れ込んだのですが、個人的に言わせてもらえれば、やっぱり牛骨メインの「塩ラーメン」、これが私の一番のストライクです( ^o^)ノ。


いろいろなスペシャルな出汁ももちろん美味しいのですが、基本の牛骨出汁が私にとっては最強で、純粋に牛骨メインだと、いつものスペシャル出汁と比べると、比較的薄いようにも思えてしまう出汁なのですが、実はこの一本、筋の気の通った塩の強いスープ、これが最強だと思います( ^o^)ノ。

しかも、固っ!? と思うほどコシが強い細麺でバッチリ決めて、これぞ「がんこラーメン」という感じです( ^o^)ノ。


もちろん私の郷愁もあるかとは思いますが、心底美味いなぁ…と感じ入って、完食しました。
本当はホタテのディップや大葉なども加えたかったのですが、兎に角この日は、一番ノーマルで、何も飾らない素の「塩ラーメン」が食べたかったんです(^^;。

今回は少々染みるモノが多くて、書くより心に留め置くことが多くて、短いレビューとなってしまいました。

…うん、私のラーメン好きの第一歩の味に、出会えた気がしました。
懐かしい再会でした…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.