松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 「きんき開き出汁の塩ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「きんき開き出汁の塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

キンキと言えば、煮付けが美味しい、金目鯛に似た魚だよなぁ…程度のイメージで、実際は殆ど食べたことがありません(^^;。
なので、実際にキンキ出汁のラーメンと言っても、どんな風に美味しいのか、私の舌で分かるだろうか…と言う不安もありつつ、そう言えばキンキと言えばカミさんが自分と結婚するまでは「KinKi Kids」のコアなファンだったよなぁ…コンサートグッズとかが山のようにまだ実家にあって、処分に困っていたよなぁ…とか思ったり思わなかったり(^^;。


そんなわけで、出汁も大分煮詰まったであろう時間帯に『覆麺』に到着。
待ち客も無く、すんなりと店内に入ることが出来ました( ^o^)ノ。

早速食券を買って…と思ったら、待ち客はいませんが空き席は無し(^^;。
仕方なしに、そのまま少し待つことに。

空腹に焦らされながら、席が空くとそのままスイッチさせてもらい、すぐに大将に食券を渡します。

「塩?」
「塩でお願いしますっ!」

そんなやりとりを経て、目の前に丼が差し出されました。


心得た花木さんが、聞かなくても先に「青唐辛子」を乗せておいてくれました( ^o^)ノ。

一見すると、最近の『覆麺』では珍しい、たっぷりとした背脂が載ったラーメンで、斜め切りされた葱と、三つ葉が綺麗です。

スマホで写真を撮ると、すぐに箸をつけました。

まず最初に食べて思ったのは、「あれ? これって魚?」、と思うほど素直なスープで、良くも悪くも魚臭さが殆ど有りません。
魚の皮目の風味や、開き独特のギュッとしたうま味のような味わいがなく、純粋にサラッとしたうま味が光ります。

大人しい味わい、と言ってしまえばそれまでのようですが、実際には結構味そのものが濃いです。
が、そう感じさせないところに上品な美味しさがうかがえます(^^;。

正直なところ、自分でも何を言っているのか分かっていないのですが、私の馬鹿舌ではこれが精一杯(^^;。
と言うか、このラーメンを食べて、どういうところにキンキの美味さが見えるのか、誰かに教えて欲しいと思いました(^^;。

純粋に、美味しい。
それだけで、余り言葉の形容が出来ませんでした(^^;。

それは、麺をはじめとする具材を全て食べ終わって、スープを飲み干す段になって、さらに強く思うようになりました。
美味しいのですが、私の知識では何がどう美味しいのか説明出来なくて、もどかしいモノがあります(^^;。

とにもかくも完食して、お店を出ました。
ふわっとした香気が、まだ鼻の奥にあります。

個人的には、このうま味をもっと凝縮した、「悪い奴」で食べてみたいなぁ…と思いました。
…大将、お願いします( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.