松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

水道橋 恋し鯛 「鯛担麺ランチ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

水道橋の『鯛担麺専門店 恋し鯛』にて、「鯛担麺ランチ」を食べて来ました( ^o^)ノ。

先日初めて訪問した際、ある意味キワモノなのかなぁ…と思いつつ食べてみたら、とんでもなく美味しかったので、いつかまた行きたい…とずっと思っていました(^^;。
特に、「鯛めし」なるものを食べてみたくて、ずっと頭から離れなかったのですが、この日、偶然仕事先の人と一緒に昼食を摂る機会があって、「松本さんなら美味しいところを知っているでしょう?」、とナチュラルにハードルを激上げされて(^^;、そんでもって連れて行ったのが『恋し鯛』になりました(^^;。


水道橋駅に近い枠にクルマを停めて、いそいそと向かったのですが、仕事先の人は、”こいしたい” と言う音だけで店を探していたようで、『恋し鯛』と言う看板の文字を見て、「ああぁ、こう言うことだったんですかっ!」と一人納得(^^;。

実際にお店に入ってみて、鯛出汁を使った担々麺である、と言うことに気がついたようでした(^^;。

私は、もう最初から「鯛めし」狙いだったので、すぐにランチを選択。
辛さは、前回2辛だったので、今回は3辛にしました。
仕事先の人も、同じく3辛に。

カウンターに着いて、お冷やを頂きながら昨日の某事故のことなどを話しながら時間を潰していると、思ったよりも早くラーメンが到着しました。

見た感じは、先日私が食べた2辛の鯛担麺よりかは、少し色が濃い感じの姿ですが、丼の縁に散らした赤い粉が、より多くなっています。
色味からするとパプリカパウダーのような感じなのですが、まぁ順当に行って唐辛子の粉末なのかなぁ…と思いつつ、一口食べてみると…。

正直、驚くほどしっかりとした辛さがありました( ^o^)ノ。
この手の辛さって、「は? これのどこが辛いの?」、と思ってしまうほど淡い辛さの場合と、ガチに火を噴く辛さの二極に分かれることが多いような気がしますが、辛すぎず、けれどもしっかり辛い、と言う、絶妙な感じだと思いました( ^o^)ノ。

隣で食べる仕事先の人も、一瞬、日和らない辛さに驚いていたようですが、「美味いです」、と小声が漏れていました( ^o^)ノ。

尤も、鯛担麺が美味しいのは前回食したときに知っていましたので、強烈なインパクトというか、純粋に「美味しいなぁ…」と思いながら食べていたのですが、やっぱり一番の興味は「鯛めし」でした(^^;。

麺が伸びてしまう前にスープ以外を全部完食し、後はゆっくりとスープを、という段になって、「鯛めし」に箸を付けました。
そして一口…。



正直言って、本当にこの「鯛めし」は美味しいと思いました…。
何より、お米が美味しいです!

こんな言い方は失礼かも知れませんが、どんなにおかずが美味しくても、ご飯が美味しくないとトータルで不満が残ります。
逆に、ご飯が美味しければ、多少おかずがヤバくても、美味しく食べることが出来ます。

つやつやでいてモッチリとした味わいのお米は、個人の好みはありますが、私個人としてはこれ以上無いほどハマりました( ^o^)ノ。

かなり美味しくて、もし可能ならこの「鯛めし」を3つ頼んで、これだけお腹いっぱい食べてみたい、と思いました(^^;。

そんなわけで、「鯛担麺」は以前より美味しいとは思っていましたが、思わず刮目するほど「鯛めし」が美味しくて、新しい発見でした…( ^o^)ノ。

これは、お米にはうるさい義弟にも食べさせてあげたいなぁ…と思います。

それと…つけ麺も、食べてみたいです…(^^;。
お昼時間にもやらないかなぁ…と、ちょっと願っていたりします(^^;。

とまぁそんなこんなで、仕事先の人もかなり気に入って頂けたようで、良かったです( ^o^)ノ。
勤め先の関係で、なかなか来られないかも知れませんが、今度は義弟を連れて行ってみたいです。
う~ん…また都合が合う機会が無いかなぁ…と、こちらも願っていたりします(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.