松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

柏 こころ 「台湾まぜそば」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 柏の『麺屋 こころ』にて、「台湾まぜそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

柏の『麺屋 こころ』にて、「台湾まぜそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

ここのところ台湾まぜそばというか、まぜそばにハマっている自分ですが、この日もお店を見つけて、飛び込んでみました(^^;。

元々私は、まぜそばが苦手で、あのドロッとした感じや、味の濃さが好みに合わなかったのですが、どういう味覚の変化か、なぜかここ最近、妙に美味しく感じるようになってしまいました(^^;。
ちょっと前にTV番組『マツコの知らない世界』で、台湾まぜそばが取り上げられていて、それでちょっと気になっていた、と言うのはあるのですが…。

と言うか、実のところ、台湾まぜそばに載ってくるニンニク、マスクが必須で人前に出るときは必ずマスクをしなければいけない昨今、ニンニクに対して敷居が下がっている、と言うのも有るのでしょうか…。
まぜそばを食べる際に、量は加減してもらいますが、それでも「ニンニクを入れますか?」の問いに、「お願いします」、と言えてしまうこともあって、そう言う意味でもまぜそばの敷居が低くなっているのかも知れません(^^;。

 


この日は本当は、柏の線路沿い、数十年来通っていたラーメン店、ここ数年来られなかったので久しぶりに…と思って立ち寄ってみたらなんとお店が変わってしまっていて、失意の元にプラプラと肩を落として歩いていたら、「台湾まぜそば」の文字が目に飛び込んできて、そのまま吸い込まれるように『こころ』さんに入店していました(^^;。

早速食券を買おうとしたのですが、食券機の写真を観るに、どれも美味しそうなまぜそばばかり…。
まぁ、今回は初めての訪問だったので、一番オーソドックスな「台湾まぜそば」にしたのですが、ちょっとチャーシューに後ろ髪が引かれました(^^;。

席に着いて食券を渡して、お冷やを注いだところでスマホを取り出し、Yelpでチェックイン報告をしようとしたのですが、どうやら未登録のようです。
そこで、登録を…とかって思って操作していたのですが、営業時間を入力しようとするとリセットされてしまって、何度か苦労して登録作業をしているウチに、丼が差しだされました(^^;。

 


見るからに「台湾まぜそば」然としていて、味が想像出来る身としては、キュ~ッと胃袋が泣き出します(^^;。

 


早速よぉ~く混ぜて、頂きます( ^o^)ノ。

もっちもちの太麺に、ドロリとしたタレが盛大に絡んできて、葱や韮のジャクッとした食感や芳香が嬉しいです( ^o^)ノ。
ズロズロと音を立てながら食べ続けるのですが、味は見た目ほど濃くなく、ドンドン進めてしまいます…!!

半分くらいまで食べたら、カウンターに置いてある昆布を漬け込んだお酢を掛け回し、味変。
個人的には少しかけ過ぎてしまって、お酢の臭いにむせてしまいましたが、一気に味が丸くなって、より一層食べやすくなりました( ^o^)ノ。

 


最後、「追い飯をお願いします」、と伝えると、丼にご飯を落としてくれました。

 


これも、よぉ~く混ぜて頂きます( ^o^)ノ。
ちょっと一味を振りかけて、辛味を足したところで、レンゲで一気に掻っ込んで、完食です( ^o^)ノ。

なんとも美しさのない、下品でジャンキーな食べ物だとは思うのですが、このある種の”背徳感”的なところが、蠱惑的な魅力があるんですよね…( ^o^)ノ。

う~ん…やっぱり、まだまだしばらくはハマり続けそうです…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.