松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

柏市豊四季 インディー28 「インディーカレー」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

柏市豊四季の『インディー28』にて、「インディーカレー」を食べて来ました( ^o^)ノ。

こちらのお店、流山は小金城趾駅の近くにもお店があって、以前そちらで食べた際、非常に美味しかったので、柏のお店にもお邪魔させて頂きました( ^o^)ノ。

近年、自分でもスパイスからカレーを作るようになったのですが、それは義弟の影響だったりします(^^;。
義弟が、カレーには一家言あって、自らスパイスを調合してカレーを作ります。
悔しいのですが、それがまた美味いんですよ…(^^;。

負けじと、私もS&Bの赤缶をベースにして、自分でもスパイスからカレーを作るようになったのですが、ようやく最近、自分の好みの味に仕上がるようになって来ました。

ところが、最近義弟が、差し入れと言って豚のスペアリブとカレーを持って来ました。
それがまた美味くて、ちょっとここに来て、再びカレー熱が再燃しました。

そんなわけで、すっかりカレー熱にやられているところに、義弟が「柏で美味しいカレー屋さんを教えて下さい」、と行って来たではありませんか。

柏駅よりほど近い、名店『ボンベイ』は既に以前義弟を連れて行ったことがあったので、今回は、こちらの『インディー28』に連れて行くことにしました。


お店に着いてみると、非常に停めにくい(^^;、クルマ3台分の駐車場がありますが、これは正直2台じゃないと厳しいのでは無いだろうか…と言うような感じで、申し訳ないのですが、そんな感じでクルマを停めました(^^;。

中に入ると、こぢんまりとした洋食屋のような雰囲気で、すぐにテーブル席に通されました。


何を食べようか考えたのですが、やっぱりここは一番オーソドックスな「インディーカレー」をチョイスしました。


ちなみに卵入りというのがあって、それは生卵の黄身だけが入っている、とのことでしたので、それもお願いし、円やかになるであろう分、辛さは大辛にしました(^^;。

そして、義弟と取り留めも無いくだらない話しを交わしているウチに、カレーが運ばれて来ました。

出て来た瞬間、義弟が目を白黒させました。
そりゃそうです、メニューの写真と、まるで違うカレーなんですから(^^;。

メニューの写真では、普通のカレーライスのように、皿のライスにカレーがかかったような写真なのですが、実際に来たカレーは、ライスとカレーがまったくの別。
しかも、カレーはよく見ると、透き通っていて、カレーと言うより、”カレースープ” と言った感じです。


とまぁそんな衝撃はさておいて、早速スプーンを取って食べてみます。
私の食べ方は、スプーンにライスをとって、それを静かにカレーのルーに沈めて、スプーンにライスとカレーが載ったら、そのまま頂く、といった感じです。

カレーは、前述の通り、透き通っているようなカレーなのですが、得も言われぬコクが素晴らしいです( ^o^)ノ。
感じとしては、東京は御徒町駅の名店『デリー』のカレーのようです。

コクがあって、しっかり辛くて、さらに絶妙な酸味が素晴らしくて、本当に後を引きます。
また、義弟が非常に感動していたのがバターライスで、サフランの香りと、バターのうま味が何とも言えず美味しかったらしく、帰りの車中で、一頻り騒いでいました(^^;。

結局、弟を美味しさで脅かそうという私の挑戦は成就しました( ^o^)ノ。
正直言って、食べる人を選ぶカレーだとは思いますが、私と義弟は、ドはまりしてしまった、そんな昼過ぎの一幕でした…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.