松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸新田 志の田 「つけ麺」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

松戸新田の『中華そば 志の田』にて、「つけ麺」を食べて来ました( ^o^)ノ。

カミさんはパート、さらに棚卸しで一日中いないので、この日は息子と二人きり( ^o^)ノ。
雨が降ってお天気には恵まれませんでしたが、息子の希望を聞いて、市川動植物園に行って来ました。

その帰り、お腹が減った、と言うので、久しぶりに『志の田』さんにお邪魔しました( ^o^)ノ。

着いた時は14時を回っていたのですが、お店の外に数名の並び客が。
そっかぁ…まぁ仕方ないなぁ…と思いつつ、そのままお店の裏に回って、駐車場に車を停めようとしたのですが、生憎満車。
すぐ隣が有料のコインパーキングだったので、そちらに車を停めました。
ちなみにこちらのコインパーキング、珍しい形態で、4時間、24時間、48時間、96時間と前払い制となっています(^^;。

とりあえず、4時間も停めませんが最低時間が4時間なので、その分だけ前払いして、お店に向かいます。

丁度数人が店内に入るところで、外待ちは1人だけ。
そこに息子と私が更に並びます(^^;。

程なくして、その人も含めて、全員お店に入ることが出来ました( ^o^)ノ。

とりあえず、食券を購入するのですが、息子はラーメンよりもつけ麺が食べたいと言うことで、私も一緒につけ麺を購入しました。
カウンター越しにお店の人に食券を渡すと、つけ麺が出来上がるまでの間、息子と一緒に今日の動物園の話しをしたり、ポケモンGoをやったり…そうそう、ゴースト系のポケモンを、沢山捕まえないといけないんです(^^;。

そんなことをしていると、結構待たされたのですが、ようやくつけ麺が運ばれて来ました。


つけ汁を受け取った時はまだしも、麺を受け取った時の息子の顔が面白くて、見るからに「こんなに食べられないよ…」という顔をしていますが、いやいや、それはパパの大盛りだから…と伝えたのですが、それでも普通盛りを観て、やっぱり目を丸くしていました(^^;。
結論から言うと、2/3ほど食べたのですが、残りの1/3はパパが食べました(^^;。

そんなわけで、早速箸を取って頂きます( ^o^)ノ。

見るからに、ツルツルでもちもちな麺は、まさにそんな感じで、スパゲティをモチモチにしたようなその麺は、確実に食べ応えがあります( ^o^)ノ。

ツユは少し胡椒が効いていて、ピリリとしますが、豚骨のコクと鰹の旨味が、程よい濃さでマッチしていて、ドロリとはせず、かといってアッサリと言うわけでもなく、適度な濃厚さが絶妙だと思います( ^o^)ノ。

別添えはネギとメンマ、チャーシュー。
メンマはツユに比さして食べることが前提なようで、味付けは最低限。
チャーシューはホロホロと崩れるような食感ですが、個人的には喉に詰まるような感じで、ちょっと残念(^^;。

元々の量が非常に多いので、息子も頑張ったようですが、前述の通り、1/3ほど残してギブアップ(^^;。
でも、相当美味しかったようで、特につけ汁をいつまでも飲んでいました(^^;。
スープ割りにしようか?、と聞いたのですが、このままが美味しいそうです…意外と通かも知れません(^^;。

斯くして、親子二人で満腹の腹鼓を打ちながらお店を後にしました(^^;。

この後、ホームセンターによって、観葉植物用の温室を作るための材料を買いに行ったり、ママ抜きの一日が過ぎてゆきました…( ^o^)ノ。
偶には、こんな日もいい物ですね…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.