松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

末広町 かば金 「蒲焼豚丼(バラ)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

末広町の『炭火蒲焼 かば金』にて、「蒲焼豚丼 バラ」を食べて来ました( ^o^)ノ。

ふとしたことで見つけたこちらのお店、炭火で焼いた豚丼と言うことで、気がついたらバイクを停めて、お店の中に入っていました(^^;。

表通りから1本裏に入った、立地としてはあまりよくなさげな場所なんですが、着いてみたら結構な人入り。
オーダーもテーブルのタブレット端末からと、徹底した省人化が図られており、その分、清潔感のあるお店です。

初めて来たこととあって、オーソドックスな豚丼にしようと思いましたが、豚丼は豚丼でも、バラとロースがあるようです。
ここは一つ、やっぱりバラ…と思い、バラの豚丼をチョイス( ^o^)ノ。
本当はロースも食べたかったので、両方が楽しめる合い盛り丼とかあったら、嬉しかったですね…(^^;。

早速スマホを取り出して、Yelpでチェックイン報告をしようとしたら、まだ登録がないようです。
じゃぁ登録を…と思ってお店の所在を調べているウチに、私のオーダーが運ばれて来ました(^^;。

「テーブルにあるボトルは、タレを足したい時の “追いダレ” になっております。ご自由にお使い下さい」、とのこと。

見た感じ、少し薄めの豚肉に、たっぷりのタレがかかっていて、ご飯に相当染みているようです。
ちょっとした香の物と、味噌汁が嬉しいです( ^o^)ノ。

早速箸を取って食べてみると、見た目の第一印象と変わらず、タレが盛大にかかっていて、この甘辛いタレのジャンキーさがたまりません( ^o^)ノ。

そして驚いたのが、凄まじいご飯の盛りだと言うこと。
こんもりと盛り上がったご飯が、上手にお肉に隠されていました(^^;。

しかし、これには仕掛けがあって、ご飯がこんもりとしている以上に、丼が上げ底なんです(^^;。
よくこんな丼があったなぁ…特注なのかなぁ…と思ってしまうほどで、結果として、それなりのご飯の量なのですが、だったら最初から、こんな紛らわしいことをしなくても…と思いました(^^;。

味そのものは、前述の通り甘辛い蒲焼きのタレで、程よい焦げが絶妙で、ご飯との相性は文句ありません( ^o^)ノ。
ご飯そのものも、艶のあるお米で、タレを吸い過ぎない固めの炊き上がりで、これは箸が進んでしまいます。

お肉が少し薄切りだったので、厚めだと嬉しいのですが、その分しっかりと量があるのが嬉しいです( ^o^)ノ。

香の物はともかく、味噌汁が液味噌を溶かした感じの味噌汁で、妙に塩っぱいのと、美味く味噌が溶けていなくて、底の方にたまった味噌が盛大に辛かったのには閉口しましたが、トータルとして、非常に美味しかったです( ^o^)ノ。

お店の感じも、最近流行の “ファストフード” ナイズされた感じで、良い意味で人間味のない、機械的な店内ですが、それはそれで好感が持てます(^^;。

今度は同僚か、カミさんを連れてきてみたいなぁ…と、そんな風に思った次第です…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.