松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

九段下 八咫烏 「RAMEN黒ワンタン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

九段下の『八咫烏』にて、「RAMEN黒ワンタン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

タマネギでお仕事だったこの日、お昼を食べに九段下へ参りました。
前回はタンメンの美味しいお店に行ったのですが、まだまだこの辺りで入っていないお店が沢山あったので、新しいお店を探してみたいなぁ…と思いつつ、裏通りに顔を出しながらフラフラと歩いていたら、凄く目立たないラーメン屋さんがありました。

ちょっと興味をそそられて、足を踏み入れたのが、この『八咫烏』でした( ^o^)ノ。

八咫烏と言えば、日本神話に登場する太陽の化身で、三本足のカラスです。
道案内をしてくれる大きな鳥で、思えば私もこの八咫烏に導かれたのかも知れません(^^;。

お店に入ると、入口左手に小さな食券機があり、それを見ると、基本は黒と白のラーメンが標準で、それにトッピングの有無で差別化を図っているようです。


その他にも、この日はありませんでしたが、金や限定ラーメンなるモノもあり、時間帯や曜日によって代わるのかも知れません。

私は、黒にして、ワンタンを付けました( ^o^)ノ。

席に着くと、「お冷やをどうぞ」、と真空タンブラーを差し出されました。
この日はかなり日和が温かったので、お冷やは本当に有り難かったです(^^;。

きゅ~っと喉を潤し、スマホでYelpアプリを立ち上げ、検索してチェックイン報告をしているウチに、ラーメンが運ばれて来ました。

早いなぁ…と思ったのですが、麺を見ると、茹で上がるのが早い細麺のようです。


しかし、それ以上に見入ってしまったのが、その姿の美しさ…。

思わず、「うゎ、綺麗だなぁ…」と口走ってしまったほど美しい姿のラーメンでした( ^o^)ノ。

綺麗にまとめられ、流れるように魅せる麺、ピンクの綺麗な大ぶりチャーシュー、葱とミツバの色合いも良く、こんもりと盛られたワンタンも美味しそうです( ^o^)ノ。

早速箸を取って食べてみると、ピシッとコシのしっかりとした麺で、またスープの乗りも良く、芳醇な香りが楽しめるのですが、麺の小麦粉の香りと味もしっかりとしています( ^o^)ノ。
そして、前述の通りですが、ふわぁ~、と香るスープが素晴らしいです( ^o^)ノ。

淡麗とはこう、まさにこれが淡麗、と言わしめんばかりの綺麗なスープで、凡そ雑味というモノがありません。
鰹節の香り、うま味、と言うよりかは、鰹のそのもののタンパク質のうま味と香りがぎゅっ、としているようで、またその他様々な具材による、沢山のうま味が芳醇な香りとともに鼻腔をくすぐります。
そして、見た目以上にしっかりとした脂を唇に感じるのですが、それが全然クドくないんです。

本当にアッサリとしてサッパリ、それでいてスープが本当に美味しいと思いました。

ただ、逆に言うと、お上品すぎる、と言う気来もありました。
上品で澄ました美味しさも良いのですが、ガツンッと来る強烈なパンチというか、良い意味での雑さ、下品さと言うモノが全然ないため、物足りない、と思う向きもあります。

実際、食べた最初は感動すら覚える味なのですが、食べ進めると、「胡椒やラー油を注しても良いかなぁ…」と思ったり、スープを飲み干すのも、ズルズル飲む、と言うよりかは、静かに味を探りながらじっくり飲む、と言う感じでした。

非常に高いレベルでまとまっていると思うのですが、反面、優等生過ぎて面白みがないのかな、とも思った、所詮下品な私なのでした…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.