松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

オリジナルのモツ煮(完成報告)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

昨日から作り始めたモツ煮…。

結論から言うと、私としては非常に美味しかったです( ^o^)ノ。
でも、家人全員がそう思ってくれたかは別問題で…(^^;

ネギは少なめ(泣)、一味たっぷり(嬉)

カミさんの協力を得て、私が仕事で家にいない間も、カミさんが何度か煮込んでくれました。
かと言ってもずっと見張っているわけにもいかないので、焦げ付かないように、沸騰しすぎないように…と言うのは、なかなか大変だったと思います(^^;。

でも、お蔭様で、非常に美味しく出来上がったと思います( ^o^)ノ。

ガツやテッポウなどはトロトロになり、またアキレス腱も綺麗な飴色に染まってトロリとした食感( ^o^)ノ。

途中、放り込んだ豚タンは残念ながら私の器には入っていませんでした(^^;。

ネギをたっぷりかけたいと思っていたのですが、家にあったネギが非常に細くて、2本も丸ごと刻んだのですが、残念ながら “たっぷり“ と言うには程遠い量でしかありませんでした(^^;。

それでも、一味を大量に振りかけて、8割がたモツを食べ終わったら、ご飯を投入して猫まんま的にして頂きます…これが美味い( ^o^)ノ。

味付けも、薄く醤油とみりんと砂糖で煮込んだあと、バッチリ味噌を決めました。
最初、大量の生姜をすりおろして煮込んだのですが、煮込み終わる頃には生姜の風味も飛んでしまいました。

なので、また多めに生姜をすりおろして、最後の最後で加えました。
生姜好きの私にはたまりません( ^o^)ノ。

前述の通り、個人的には非常に美味しかったのですが、やはりモツが苦手なカミさんは、食べられないわけではないですが、やっぱり苦手は苦手(^^;。

親父に至っては激辛の一味をかけすぎて、「味が分からん」、と。

本当のことを言うと、まだもう一回くらい食べられる量が残っていて、そのつもりで作ったのですが、あまり家人の評価が良くないので、もう出すのはやめることに。

義弟夫婦は子供3人を含めて5人家族ですが、そのみんなで食べるには少々心許ない量ですが、それでも食べてくれると言うので、感謝しつつ義弟の家で、残りを食べてもらうことにしました。

さて…美味しく食べてもらえれるでしょうか…それとも厳しいかなぁ…(^^;?

う〜ん、評価が気になるような…怖いような(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.