松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

日暮里 二葉屋

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 日暮里の『二葉屋』にて、「醤油ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200326120520j:image

 初めて入ったお店だったのですが、昼下がり、店員さんが客席を1席借りて昼食中でした(^^;。

 私たちが入っていったら慌てて立ち上がって、丼を持って厨房へ。
 …悪いことしちゃったなぁ…と思いつつ、テーブル席に着いて「醤油ラーメン」を注文しました(^^;。

 カミさんと息子を連れて入ったのですが、私と息子は同じ物を頼み、カミさんは餃子のセット。

f:id:GERO_Matsu:20200326120622j:image
f:id:GERO_Matsu:20200326120705j:image

 すぐに息子用の取り碗が出て来て、そのあとラーメンが運ばれて来ました。
 スッとした対応が嬉しいです( ^o^)ノ。
 ちなみに息子にはジュースがサービス。
 子供連れにとっては、本当にありがたいです( ^o^)ノ。

 さて、実際のラーメンは、細麺の縮れ麺、意外なほど麺の量がある、見た目そのものは極々一般的な醤油ラーメンです。

f:id:GERO_Matsu:20200326120547j:image
 チャーシューがホロホロで、箸でつまもうとすると崩れてしまうほど。
 カミさんはこう言うチャーシューが好きだろうなぁ…と思って声をかけたら、まさにドンピシャだったようです(^^;。

 過不足ないラーメンと言った感じで、私が足繁く通う神保町の某ラーメン屋のような、とにかく強い(濃厚と言うわけではありません)出汁を売り物にしているような、特別なお店と比べれば “物足りない” と思うかも知れませんが、それはお門違いというもの。

 素麺と味噌煮込みうどんを比べるようなモノです(^^;。
 どちらも合った美味しさがあるんです(^^;。

 驚いたのは、息子が意外なほど食べ進めてくれたこと。

f:id:GERO_Matsu:20200326120603j:image
 麺の量が結構あるんだな、と思っていたので、完食することは出来ませんでしたが、それでも2/3は食べてくれました。

 独特の風味や香り、濃い要素がなかったので、5歳の息子も美味しく食べられたのだと思います( ^o^)ノ。

 カミさんの餃子も運ばれて来て、この餃子もカミさんにはHitしたようです。
 一個もらいましたが、少し甘みのある、ジューシーな餃子でした( ^o^)ノ。

 満足してお店を後にしましたが、これで十分なんだよなぁ…と少し思ったり(^^;。
 すごく着飾ったラーメンももちろん美味しいのですが、私のような一介の人間に対し、身の丈に合って、それでいて十二分に美味しいラーメン。

 安心出来るなぁ…と、ふと思ってしまった、そんな昼下がりでした…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.