松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

​ 神保町の『覆麺』にて、「サルエビ出汁の塩ラーメン」を食べて来ました( ​^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200320104424j:image

 ​先週もサルエビ出汁は食べたのですが、あの時はつけ麺(熱盛)でした。
​ この日はラーメン解禁です( ​^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200320104436j:image

​ 席に着いたときから、既に海老の香りが強くて、否が応にもワクワクさせられます(^^;。

​ サルエビと言うと何かしらの海老…と想像しますが、言ってしまえば「干しエビ」のようなモノだと思います。
​ 香りも干しエビのそれに近いです。

​ そんなわけで、大将の差し出した「塩ラーメン」を受け取ってみると…。

​ 知らない人が見たら、「これ、醤油ラーメンじゃね?」、と思うようなスープの色です(^^;。
​ どんだけ濃いんだ…と思わせるようなスープの色で、ものごっつ~期待させられます( ​^o^)ノ。

​ そして、実際に食べてみると、とんでもなく味が濃いんです( ​^o^)ノ。

​ 塩っぱいと言ってしまえばそれまでなんですが、塩の濃さよりも、味の濃さに驚きます。
​ これぞ『覆麺』の真骨頂といった塩梅で、海老の旨味はもちろんのこと、種々様々な具材をバランス良く合わせた総合的な味の濃さ、美味さというのは、他ではなかなか味わうことの出来ない、力強い美味さです( ^o^)ノ。

 ​実はこの食事の後、クレーム対応に行かなくてはいけなくて、ちょっと気分がダウン気味だったんですが、この日の『覆麺』から、がっつりエネルギーをもらえました( ^o^)ノ。

​ 大将に御礼を言ってお店を出ましたが、クルマに戻ってシートベルトをとめてエンジンを掛けて…でもまだ口の中にスープの余韻が漂っています(^^;。

​ 思わずフフフ、と笑みながらクルマを出しました。
​ うん、お腹が膨れると、元気が出ますね~( ​^o^)ノ。
 ​クレーム対応、ドンと来い、ってな感じです(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.