松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 東京豚骨拉麺しゃかりき

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 松戸の『東京豚骨拉麺 しゃかりき』にて、「極 ばんかららーめん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200215221604j:image

 この日はカミさんと息子を連れて買い物(´・ω・`)。
 その際、3人で寄ったラーメン屋さんが『しゃかりき』でした( ^o^)ノ。

 こちら、結構脂ギッシュなお店だと知っていたので、ずいぶん前にカミさんと一度入った記憶はあったのですが、正直、その際の記憶も曖昧で、逆に言うと記憶に残らない程度のお店なのかなぁ…なんて失礼なことを思いつつ、久しぶりに行ってみようか、とカミさんと意見が合いました( ^o^)ノ。

 と言うか、ちょっと美味しそうなラーメン店だと、カウンターのみ、と言うところも少なくなく、子連れだと厳しい面もあります(^^;。

 「しゃかりき」ならテーブル席もあるし、後述子供用のセットもあって、気兼ねなく行くことが出来ます( ^o^)ノ。

 さらに、お昼休憩もない営業時間で、パートの関係でお昼が15時以降になってしまう我が家としては、有り難いことこの上ありません( ^o^)ノ。

 そんなわけでお店に着き、お店に入ると、禁煙席・喫煙席を尋ねられました。
 最近では珍しく、タバコOKなお店なんですね( ^o^)ノ。

 私は紫煙を全く気にしない人間なのですが、ダメな人もいるかも知れませんね(^^;。

 さて、前述の通り、こちらのお店、子供用のセットもあります。
 息子はチャーハンが食べたいと言うので、ラーメンとチャーハンのセットを注文。
 カミさんはチャーシュー麺です。
 私は何にしようかなぁ…と考えますが、なんか特別そうな「ばんかららーめん」と言うものをチョイス。
 ちなみに何が「ばんから」なのか、よく理解していません(^^;。

 最初に息子のセットが出て来て、この辺の気配りは嬉しいところですね( ^o^)ノ。

 そしてカミさんと私のラーメンが一緒に出て来ました。

f:id:GERO_Matsu:20200215221632j:image

 カミさんのチャーシュー麺は、背脂ギッシュですが、チャーシューがなかなか美味しそうです( ^o^)ノ。

 私の「ばんかららーめん」は…思わず目を剥くほど、凄い油の量です(^^;。

 内心、これはやっちゃったかなぁ…と思いますが、とにかく箸をつけてみます。

 すると、これが不思議なもので、油のコクと言うか、意外としっかりとした味わいに軽い油の口当たり。

f:id:GERO_Matsu:20200215221647j:image
 思いの外、サラサラと食べられてしまいます( ^o^)ノ。

 味の濃い背脂、天かすの香りも香ばしくて、たっぷりのネギ、あっさりとしたシナチクに助けられて、あっと言う間に完食(^^;。

 体調もあるのでしょうが、脂に気圧されていた当初とは打って変わって、美味しく食べ切ることが出来ました( ^o^)ノ。

 カミさんもチャーシューを気に入ったようですし、息子もラーメン、チャーハン、デザートのワッフルとプリン、完食して満面の笑みです( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200215221705j:image

 うん、これはまた来たいなぁ…と思う、そんなお店でした( ^o^)ノ。

 …今度はイメージを忘れません(^^;。

f:id:GERO_Matsu:20200215221730j:image
f:id:GERO_Matsu:20200215221743j:image
f:id:GERO_Matsu:20200215221723j:image
f:id:GERO_Matsu:20200215221737j:image
f:id:GERO_Matsu:20200215221727j:image
f:id:GERO_Matsu:20200215221734j:image

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.