松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

鶯谷 きみはん

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 ​鶯谷の『江戸前煮干中華そば きみはん』にて、「中華そば(醤油)」を食べて来ました( ​^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200121135556j:image

 ​こちらのお店、3年以上前の盛夏に、一度入ったことがあったのですが、味云々より以前に、店員さんがちょっと不慣れすぎて、あまり良い思いをしなかったのですが、また行ってみたいなぁと思いつつ、なかなか行く機会がありませんでした。

 

 ​漸くこの日、再訪してみたのですが、さて…( ​^o^)ノ?

f:id:GERO_Matsu:20200121135620j:image
f:id:GERO_Matsu:20200121135615j:image

 

 

 ​という訳で、お店に入るとカウンターのみのシックな店作り。

 ​暗くもなく明るくもなく、雰囲気のある照明に一瞬「お寿司屋さん?」と思ってしまいますが、いえいえラーメン屋さんです(^^;。

 

 ​そのまま席に着くと、「食券を先にお求めになって下さい」、と。

 ​振り仰いでみると、入って右手の奥スペースに、目立たないように食券機が鎮座していました。

 

 ​なるほど、これは気が付かん、と思いながら食券機の前に立つと、初めてメニューが分かりました。

f:id:GERO_Matsu:20200121135643j:image

 ​もちろん、お店の前とかに写真が貼ってあるのですが、実際どんなメニューが有るのかは、メニュー表があるわけではなし、この食券機のボタンを見ない限り分かりません(^^;。

 

 ​いろいろ気になるモノはあったのですが、本当に久しぶだったので、前回の味を覚えていません。

 ​ここは一つ無難に、一番オーソドックスな「中華そば(醤油)」をチョイスしました。

 

 ​食券を渡してお冷を手に取ると、ちょうど何人かのお客さんが入ってきました。

 ​常連さんなのか前にも来ているのか、迷うことなく食券機の前へ。

 

 ​…食券機が見つけられなかったのは、奥まって観にくいところにあったからじゃなくて、単に自分の注意観察力のなさではないか、と半分疑い始めます(^^;。

 

 ​少しして、カウンター越しに私のラーメンが差し出されました。

 

 ​ナルトが眩しい、茶色いスープのラーメンです( ​^o^)ノ。

 ​箸で麺をすくってみると、少し透明がかった縮れ麺で、酒精で打っているのかなぁと思いました。

 ​まさにコシもそのような感じです。

f:id:GERO_Matsu:20200121135659j:image

 

 ​煮干しを売りにしているようなのですが、暴力的な煮干しではなく、煮干しで濃い目に、でも丁寧に出汁をとった感じの、そんなスープです。

 ​ちょっと煮締めたチャーシューも私好みで、全体的に私の好みです( ​^o^)ノ。

 

 ​カウンターに、ラーメンにはホワイトペッパーがあい、麺を食べ終わったらお酢を一回しかけてみて下さい、という旨が書いてあったので、従ってみると、まさにその通りだと思いました。

 

 

 

 ​以前来たときは、店員さんにイライラとさせられましたが、今回は非常に丁寧でスピーディーな対応で助かりました(^^;。

 ​また、メニューも梅を使ったものや、チャーハンなんかも美味しそうです。

 

 ​う~ん…何度か通わないと、本当の美味しさは分からないお店なのだと思います…( ​^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.