松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

杉田 飛竜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神奈川県は杉田の『飛竜』にて、「ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

思わず、「これで良いんだよ…」と深く頭(こうべ)を垂れてしまうほど謙虚に納得してしまう自分がいました…(^^;。

お店の入口は、多少「ラーメン店」としての矜持は見て取れますが、あまりお客さんを歓迎しているようには見えず、どちらかと言うと「分かる人は入ってきてくれても良いよ」、的なぶっきらぼうさも感じられ、さらに足を踏み入れた店内も薄暗く、なかなか女性は入りにくいようなお店です(^^;。

しかし、メニューを見ると意外なほど品数は多く、雰囲気とは対照的に、「街のラーメン屋さん」と言う感じがします。

私は以前にもこちらにはお邪魔したことがあって、ラーメンが非常に美味しかったので、今回もその「ラーメン」を注文しましたが、チャーハンや、他の種類のラーメンも美味しそうで、気安くこられる場所であれば、もっとバラエティに飛んだ注文をするんだけどなぁ…とちょっとだけ残念(^^;。

運ばれて来たラーメンは、前述の如く、「これぞ過不足ない市井の醤油ラーメン」、と言う姿です( ^o^)ノ。
全体的の茶色く、青菜などの緑も欲しいなぁ…と絵的には思うのですが、そう言う華美さに奢らない、値段と味には妥協しないけど外見は取り繕わない、という感じが、いっそ潔くて好感が持てます(^^;。

実際に食べてみると、想像していた醤油ラーメンのそれですが、丁寧にとった鶏ガラのスープの感じが、「惰性でやっているお店ではなく、こなれているけど手は抜いていない、自然体のお店の味」、というのがじんわりと伝わってきます( ^o^)ノ。

誰もが知っている醤油ラーメンですが、誰もがいつも欲していて、それでも気がつかないで別のものを食べてしまう…でもこの味はいつも脳裏のあって、“ラーメン”という単語を聞くと、まず最初に思い浮かぶのはこの味。

って言うくらい、王道な醤油ラーメンでした( ^o^)ノ。

昨今では、こう言う極々普通のラーメンが、かえって絶滅危惧の希少価値になりかけていますが、いつでもここに行けば食べられる、そんな安心感を、ずっと、末長く保って欲しいと切に願う、そんなラーメン屋さんでした…。f:id:GERO_Matsu:20191113205144j:image
f:id:GERO_Matsu:20191113205134j:image
f:id:GERO_Matsu:20191113205138j:image
f:id:GERO_Matsu:20191113205141j:image
f:id:GERO_Matsu:20191113205131j:image

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2019 All Rights Reserved.