松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

鶯谷 鶴 「Aセット(半チャンラーメン)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

鶯谷の『鶴』にて、「Aセット(半チャンラーメン)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

先日お邪魔した、鶯谷の『弥生亭』からもほど近い、同じく古くから地元に愛されたラーメン店、それが『鶴』です。

私は『弥生亭』派なのですが以前居た同僚は、圧倒的に『鶴』派で、ラーメンも炒飯も、面白いくらいに相対した、双璧を成すようなお店です(^^;。

今回選んだAセットでは、ラーメンのスープを「醤油」と「醤油とんこつ」から選べるのですが、この日私が選んだのは、普通の「醤油」。

ここで『弥生亭』と比べてみると、

【ラーメン】
・スープ
鶴 … サッパリとした透き通ったスープで、更に柚子のアクセントも。
弥生亭 … サッパリとしてはいるが、醤油の強いコク重視。
・麺
鶴 … 固くコシのある自家製麺。ボツボツと言った食感。
弥生亭 … モチッとコシのある、ツルツルの麺。

【炒飯】
鶴 … チャーハンと言うよりかは、正に「焼き飯」。パサパサ、ポロポロ。
弥生亭 … ザ・チャーハン。中華料理、と言う感じ。どちらかというとしっとり。

こんな感じです(^^;。

どちらが好きは好みによると思いますが、あくまでも好みの問題であって、ラーメンとしてのポテンシャルは非常に高くて、凡そどんな人でも気に入ってもらえること間違いないラーメンです( ^o^)ノ。

カウンターに置かれた「揚げネギ」は『弥生亭』にはないサービスです。


ラーメンを食べる途中、コレを加えると、味変が楽しめます!

また、焦げの香ばしい “焼き飯” も、そのまま食べるにはパラパラを通り越してポロポロ過ぎるので、少々喉に詰まります。
そこで、ラーメンのスープと一緒に食べると、正にそれを考えて作っているのではないか、と思うほど相性がバッチリです( ^o^)ノ。

夜は酔客も多くなるのは『鶴』も『弥生亭』も同じですが、どちらかというと、『鶴』の方が家庭的な雰囲気で、その辺も好みの分かれるところだと思います( ^o^)ノ。

前述、どちらも美味しいお店なので、その日の気分によってお店を選ぶのも、また楽しい選択だと思います!

…うん、ここならカミさんも息子も、安心して連れてこられるお店だと思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.