松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

鶯谷 弥生亭 「炒飯と野菜つけ麺」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

鶯谷の『弥生亭』にて、「炒飯と野菜つけ麺」を食べて来ました( ^o^)ノ。

山手線の中でも屈指の極小駅、乗降客数の最も少ない駅として頭一つ飛び出している鶯谷駅から歩いて数分(^^;。
地元に昔から親しまれている『弥生亭』というラーメン屋さんが有ります。

夜遅くまで営業しているラーメン屋さんで、俗に言う「タクシーの運転手さん達の間で口コミで広がるような隠れた名店」と呼ばれるお店で、それはもう美味しいお店でした。

しかし、ここ数年、料理人の確保が難しかったらしく、味が落ち続け、ついには夜間の限定営業となってしまいました。
味の凋落ぶりはなかなか酷いモノがあって、塩っぱかったり薄かったり、火の扱いが酷かったり、兎に角味が安定しませんでした。

そんなわけで、20年以上前から通っていたラーメン屋さんなのですが、ついに私も通うのを止めてしまいました。

しかし、最近、美味しくなって来たよ、と言う地元民の報告を受けて、約2年ぶりに再訪してみました( ^o^)ノ。

いつも頼むのは「野菜つけ麺」なのですが、実は炒飯も美味しいんです。


でも、正直言って、最盛期の味を知っているので、注文するのが怖かったのですが、ここは意を決して両方頼んでみました(^^;。

調理場に立つのは外国の方ですが、大きな中華鍋を奮う姿に自信がうかがえます。

先ず最初に出されたのは「炒飯」。


ちょっとドキドキしながら食べたのですが、少ししっとり系のご飯だと思いましたが、味付けは抜群( ^o^)ノ!
少し焦げたような香ばしさも美味しくて、思わず「野菜つけ麺」が出されるまでに、全部食べてしまいました(^^;。

そして「野菜つけ麺」。


たっぷりの野菜が濃いめの醤油スープに浸かった、昔懐かしい感じのつけ麺なのですが、高温でサッと調理された野菜が、瑞々しさとシャキシャキさを保っていて、これぞ『弥生亭』の「野菜つけ麺」です( ^o^)ノ。

ツルリとしてモチッとした、喉越しと歯応えを併せ持った麺も健在で、昔の思い出が蘇るようです( ^o^)ノ。

非常に美味しく食べることが出来たのが嬉しくて、思わずレジで会計する際、「マジで美味しかったです!」、と伝えてきてしまいました( ^o^)ノ。



ここ数年の『弥生亭』の味の乱高下は本当に酷くて、「…あ、味が戻ってきた」、と思うと料理人がすぐに変わって、また味の乱高下が始まる…を何度も繰り返してきていたので、今回の味がずっと留まることを、心から祈って止みませんが、コレだったら、義弟も誘ってたべに行きたいなぁ……と思うほどの、久しぶりの『弥生亭』の美味さでした…( ^o^)ノ。

うん、本当に美味しかったです( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.