松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

親父と一緒にナマズ釣り

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

この日も利根川でナマズ釣りに勤しんできました( ^o^)ノ。

ここ数年、兎に角出不精なオヤジを連れ出したい、と言う思いもあって、この日はオヤジも誘ってみました。

ちょっと前に脳溢血を患ったオヤジは、一般生活は送れますが、多少麻痺が残っているところもあり、加齢による筋力の低下も伴って、竿を振って魚をリールで引き揚げて…ということが出来るかどうかは不安でしたが、兎に角外に連れ出して、外の空気を吸いながら…なんて言う思いだったのですが、実のところ出不精が板に付いて来ているので、誘っても来ないかなぁ…なんて思っていました。

が、それは杞憂で、実際に誘ってみると、意外と気軽に腰を上げてくれました(^^;。

と言うわけで、親父を急いで助手席に座らせて、そのまま気が変わらぬ内に利根川まで疾走しました(^^;。

途中、コンビニに寄って、多少の食事を買い込みつつ、Twitterで知り合った某イ***さんの書き込みで知った、「鶏の唐揚げでも釣れる」、と言うレスを思い出して、私も倣って鶏カラを買ってみました。

利根川に着き、早速クルマから道具一式をおろして、釣り場に向かおうとすると、いつもなら頼まなければ何も持とうとしないオヤジが、率先して「これ、持とうか?」、などと言ってきます。
オヤジも楽しみなのかなぁ…とちょっと嬉しくなりながら土手を越え、まずは竿立てと親父用のイスを用意してから竿の準備。

ちなみにエサは、本当はミミズを使いたかったのですが、この日は来る途中で釣具屋さんによる余裕も無く、仕方なしにいつも予備として持っているマルチョーの「CAT FISH BAIT」と言うエサを使ってチャレンジしました。

しかし、丁度日が沈む頃の、個人的に一番釣果が期待できる時間帯だというのに、全く当たりが来ません。

う~ん…と思いつつ、買って来た鶏カラを1個口に放り込みつつ、<これ…使ってみようかなぁ…>、と思い立ち、口に放り込んだ鶏カラを半分出して、針に付けて放ってみました。

ついでに別の竿にも、血抜き用のナイフを使って切り分けた鶏カラを付け、投げてみました。

すると…なんと、ものの1分もしないうちにヒット!
思わず竿に飛びついて、リールを巻き上げるのですが、恐ろしく重い…。


結果、なんと私としては最大の58cmものアメリカナマズでした!!

すぐに絞めて血抜きを…と思って居たら、なんと目の前で別の竿が竿立てを飛び越えて川にダイブ!


一瞬躊躇しましたが、覚悟を決めて片足を犠牲にし、川に踏み込んで竿を回収しましたが、もちろんコイツにもアメリカナマズが…さぞデカいはず…と思ったら、なんと30cm程度の小物でした…(^^;。

…少し小さいので、これは地域の狸に進呈することにして、大きい方のナマズはすぐに血抜き。


その後、またすぐに大きめのが釣れて、メルカリで譲って頂いたばかりのクーラーの中で、アメリカナマズがゆたって居ます…(^^;。



まぁそんな騒動を繰り返しながら、20時まで頑張りました( ^o^)ノ。

見上げると月が赤いです。
結果から言うと、そこそこ型の良いアメリカナマズを、9尾ほどキープすることが出来ました!!

早速家に持って帰って、下処理。
実際の料理は、明日行います!

オヤジも、たった3時間ちょっとでここまで釣れるとは思っていなかったようで、大変な喜びよう。

実際の釣果としての結果も良好でしたし、全く以て上手く行った釣り行になりました…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.