松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

またまた、利根川でナマズを釣ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

利根川で、またナマズを釣ってきました…(^^;。

先日釣った60cmの大物ナマズは、半身は干物にして、もう半身は自治会の管理人さんに差し入れてきました(^^;。
七輪を持ち込んで、その場で蒲焼きにしたのですが、その調理の課程も含めて、大変喜んでもらえました( ^o^)ノ。


奥様のマリアさんが、美麗なイラスト共にインスタにアップしてくれまして、有り難いことこの上ないのですが、美味しく召し上がってもらえたのなら、本当に良かったです(^^;。

そんなわけで、この日、今度はまた親父を連れて利根川に行ってみました( ^o^)ノ。

先日、親父を連れて利根川に行った際には、非常によく釣れて、オヤジも大喜びでした。
その時のこともあってか、誘ってみたところ、すぐに「行くっ!」と気持ち良い返事をもらえました(^^;。

ただ、先日と違って、ここ数日は、もう昼間は少し暖かくても、夜となるとそこそこ冷え込みます。
防寒対策はしっかりと。
また、現地で暖かいものを飲めるよう準備もして、利根川に向かいました。

実際に釣りをするポイントは、いつも通り「つつみ会館」そばなのですが、家を出たのが15時過ぎだったので、着いたのは17時ちょっと前でした。

既に日はほぼ沈みかかっていて、大急ぎで竿を出して餌を付けて振りました。


この日の餌は、いつも通り鶏の唐揚げです(^^;。
今回はミニストップの鶏カラを用意しました。

そんなわけで、竿を振ったら、後は待つだけです。


次第に日は沈み、空の残光もどんどん失われ、辺りが真っ暗になる頃、漸く竿の鈴が激しく鳴りました( ^o^)ノ。

興奮するオヤジと一緒に釣り上げてみると、30cmにも満たない小ぶりのナマズです。
しかし、この日最初の釣果ですし、小さいナマズでも食べる方法をTwitterで知り合った方から聞いていたので、そのまま放ることはせずに、血抜きしてキープします。

そして、少しすると、またけたたましく鈴が鳴りました。
結果、また小さなナマズでした。

クーラーを用意するのも面倒なくらい、小さなナマズばかりで、バケツに入れておけばいいや…なんて思っているうちにまた小ぶりのナマズが釣れたりして、まぁ釣れないよりかは全然良いのですが、この日は小さいナマズしか釣れないのかねぇ…なんてオヤジと話していました。

完全に辺りは暗闇に包まれ、LEDのランタンと私のヘッドライトが無ければ指先さえも見えないような漆黒の中、コーヒーを注いだりカップラーメンを食べたり、なんか喋りながら時間を潰しますが、餌を取られはするのですが、なかなかナマズ自体が釣れません。

それよりも何よりも、どうもコウモリが寄ってきてしまったようで、しきりに目の前を飛び回り、更に竿から伸びる糸に当たって鈴がリンリン鳴りまくります。

あ゛~、邪魔だなぁ…とかって思っていると、目の前で竿がグッとしなりました。

物凄く滑らかな動きでしなったので、鈴はほとんど鳴らず、<なんだ…?>と思ってヘッドライドの光を当てて、竿先を注視しようとした瞬間、竿が宙に舞い上がりました。

思わず「!!??」、となって竿を空中でキャッチ。
そのままホールドしてリールを巻きますが、グッと固く、思ったように回りません。
竿を立ててリールを巻き、のされ、更に竿を立ててリールを巻き…を繰り返すのですが、ふとした瞬間にリールから糸が出て行ってしまいます。

慌ててリールのテンションを上げて、もうこれ以上糸が出ないように調整してから、再び竿を持って勝負を続けます。

たっぷり5分ほどかかって、漸く釣り上げることが出来ました。


ヘッドライトの明かりに浮かび上がるのは、やっぱりアメリカナマズなのですが、愕いたのはその大きさ。
一目見た瞬間に、大物だと気がつき、更に、コレまでの私の記録を抜いたのでは!?、と言う希望が湧きます(^^;。

ただ、先日、70~80cmだと思ったナマズが、実は60cmしかなくて、酷くガッカリした記憶が有るので、努めて冷静に振る舞いましたが、もしコレが私一人で、誰の目も届かないところだったら、小躍りしていたかも知れません(^^;。

その後、数匹のナマズを釣り上げることが出来ましたが、結果として小物4匹、大物1匹が釣れました。

20時過ぎに川を離れ、帰宅しましたが、途中「魚をもらってくれ」、と元同僚から連絡が入り、そこでイナダとヒラマサをもらい、、結果として大量の魚と一緒に帰宅しました。

家に帰ってすぐに魚の処理を始めて、約2時間ちょっとで終了しました。


ちなみに、大物ナマズの体長は、70cmでした…( ^o^)ノ。
レコードを更新出来ました( ^o^)ノ。

さて…。
明日以降、このナマズたちを、どう食べるか…。
思案したいと思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.