松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

行徳 ビリヤーニーハウス 「ビリヤニ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

行徳の『ビリヤーニーハウス』にて、「ビリヤニ」を食べて来ました( ^o^)ノ。

私が初めて「ビリヤニ」を食べたのは、八千代緑が丘のインド料理店でした。
最初は普通にカレーを食べたかったのですが、「インドのチャーハンと言うか、ピラフというか、炊き込みご飯だよ」、と言われて、物は試しと思って食べてみたら、非常に美味しかったのが、「ビリヤニ」にハマった最初でした(^^;。

以来、インド料理店に行くたびに「ビリヤニ」を探しているのですが、意外と置いているお店も少なくて、そうそういつも食べられるモノでもありませんでした(^^;。

そんな折、カレー作りが趣味な義弟が、行徳に『ビリヤーニーハウス』というお店がありますよ、と教えてくれたのがこちらのお店でした。

実はこちらのお店、以前私が大好きでよく通っていたラーメン店の跡地に出店していて、ちょっと足が遠のいているウチにラーメン店が閉店してしまい、その後に「ビリヤニ」のお店が入っている、と言うのを、着いて知りました…。

悲しい思いと嬉しい思いが交錯する中、食べた記憶があります(^^;。

そんなわけで、この日は2回目の訪問となりました( ^o^)ノ。


この日はずっと雨だったため、お客さんの入りも良くなかったのかも知れません。
お店の人が、入口脇で電話をしていました(^^;。

そこに、会釈しつつ入店(^^;。

すぐにテーブル席に通され、メニューを見ます。


カレーや、インドの料理などがいろいろあるようですが、やっぱり「ビリヤニ」が食べたいので、セットを注文しました。

すぐにオレンジ色の、インド料理店では定番のドレッシングがかかったサラダが運ばれて来て、それに次いでヨーグルトのソース、そして「ビリヤニ」が運ばれて来ました( ^o^)ノ。

見た感じ、こんもりと盛られた量は、かなりです(^^;。
もっとも、中に肉が埋まっているのと、お米も日本の短粒種ではなく、海外で食べられる長粒種なので、嵩張り方もかなり違うと思います(^^;。

早速一口頂くのですが、一発目からガリッと梅の種のようなモノに当たりました(^^;。
実際に酸っぱく、梅干しの種…? と思ったのですが、まさかそうではないと思います。
なんの種なんでしょう…(^^;?

私はチキンの「ビリヤニ」にしたのですが、ごろんごろんとチキンが入ってます。
半身とは言いませんが、肋の部分もあり、そこに背肝(腎臓)も入っていて、その部位が大好きな私としてはラッキーでした( ^o^)ノ。

で、ヨーグルトソースを絡めて食べたりと、食べ進めていたのですが、お店の人が話しかけてくれて、ここで辛いスパイスソースなども頂き、味変もあって最後まで美味しく頂くことが出来ました( ^o^)ノ。

最後に、温かいチャイを頂きながら、本当ならもっと大人数で来て、「ビリヤニ」を注文しつつ、カレーやその他の煮込み料理なんかも沢山頼んで、皆でシェアして食べたら絶対に美味しいだろうなぁ…と思いました(^^;。

う~ん、次は、少なくとも義弟は一緒に連れて行きたいと思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.