松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

船橋 青葉 「つけ麺」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

船橋のららぽーとTokyo-Bayの『青葉』にて、「つけ麺」を食べて来ました( ^o^)ノ。

GW真っ只中のこの日、西館のロピアさんにて食材を購入するためにららぽーとTokyo-Bayに向かいました。
時間的にお昼時だったこともあり、どこで食べようか少々悩んだのですが、息子の「ラーメンがイイ!!」という一言で、ラーメン店を探すことになりました。
そこで、白羽の矢が立ったのが『青葉』さんでした( ^o^)ノ。

何度か話には出ていましたが、未だに食べたことのなかったカミさんの後押しもあって、ハーバーグリルの2階へ。
勝手知ったるなんとやらで、駐車場からくら寿司の裏を回ってそのままハーバーグリルへ。

お店に着くと、並び客も無く、そのまま食券機の前に立ちました。
息子は「お子様ラーメン」にするかなぁと思ったのですが、一人前の「中華そば」が食べたいと言い張り、カミさんはチャーシューと玉子が美味しそう、と言うことで全部入りの「特製中華そば」をチョイス。
私は、この日の気温もあって、「つけ麺」を選択しました。

 


お店に入ると結構な混み具合でしたが、私たち3人家族が座る席はなんとか空いていました。
早速腰を落ち着けると、そのまま女性の店員さんに食券を渡します。

お冷やを注いで、とりあえず暇つぶしにポケモンGoを。
息子は興奮気味に「早くメガ進化してよ!」と急かします(^^;。
それよか気球の下っ端をやっつけて、リトレーンを…とかって話していると、どんどん注文の品が出来上がっていきます。
大急ぎで下っ端をやっつけると、タイミング良く息子の「中華そば」と、カミさんの「特製中華そば」が運ばれて来ました。

 

そして私の「つけ麺」は一拍遅れて到着。
とにもかくにもお腹がすいていたので、ちゃっちゃかスマホを仕舞うと、早速箸を取ります(^^;。

 


黄色い麺が眼にも鮮やかで、非常に大盛りのように見えますが、実は中に水切り用の笊が麺の下に敷いてあるので、見た目ほどは多くありません。

まずは一口頂きますが…。
キュッと冷水で締めたコシの強い麺は、喉越しも良くツルツルで、キュッキュッ、と言う感じの固い弾力を備えたコシの麺で、食感もGoodです( ^o^)ノ。

ツユも、カツオの香りと骨髄系のコクのある旨味、そしてピシッと筋金を通すような塩味が、凜としていて美味しいです( ^o^)ノ。

ちなみに私は、柚子唐辛子も頂きました( ^o^)ノ。

 


息子も余程美味しかったようで、ほぼほぼ完食していました。
カミさんはもっと透き通ったスープだと思い込んでいたようですが、豚骨醤油のスープにビックリ。
最後まで気持ちの切替が上手く行かなかったようです(^^;。

と言うわけで、全員が完食、お店を後にしました。
カミさんは、漸く外に出てから気持ちの切替が出来たようで、絞り出すように「チャーシューが美味しかった…」と言っていました。
…まだ尾を引いていますね…(^^;。

う~ん…。
淡麗醤油ラーメンが食べられると思っていたら、結構濃い醤油豚骨だったわけですから、イメージの違いを諫めるには時間は、確かにかかりますよね(^^;。

…面倒なカミさんだなぁ…美味しかったんだから、それでいいじゃないですか…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.