松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

船橋 味一 「中華そば」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 船橋の『味一』にて、「中華そば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

船橋の『味一』にて、「中華そば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

煮干しの風味が強いので、万人受けというわけではありませんが、「船橋で美味しいラーメン屋さん」、と言われればまず頭に浮かぶのがこちら、「味一」さんです( ^o^)ノ。

取り立てて、他にはない強い個性があると言うわけではないのですが、総合的に美味しい、と言う意味で、なかなか右に出る者はいません(^^;。

特徴と言えば、強い煮干しの風味ですが、コンクリートを溶かしたような濃い煮干しスープ、と言うほどでもありません。
強いは強いですが、えぐみが出るほどではありません。
そこに、コクの深い醤油ダレが加わったスープは、なかなか奥深い芳醇な旨味に溢れています。

また、第二の特徴になりますが、非常に量が多いんです( ^o^)ノ。
これは大盛りにすると特に顕著なのですが、実は普通盛りの段階で、結構多いです(^^;。
正直、女性では食べきれない人もいるのでは無いか、と思うほどです。


そんな、普通だけど普通じゃ無い『味一』さんなんですが、ふと考えてみたら、多分今年初めての訪問(^^;。
前から、また行きたいなぁ…とは思っていたのですが、どう言うわけか機会が無くて、食べ損ねていました。

そこでこの日、お昼時にお店に向かったのですが、なんと10名以上の並び客がお店の外に溢れていました…。

これは無理だ、と思い、千葉方面の仕事にそのまま行きました(^^;。

その仕事の帰り、15時を回っていたのですが、お店の前を通ってみたら、暖簾がまだ出ていました。
急いでクルマをコインパーキングに停めて、お店に向かいました。

お店の中はそこそこお客さんが入っていましたが、相席するほどでも無く、適度に空いています。
テーブル席に着くと、「すみません、チャーシューは終わってしまいました」、と。

なので、今回は普通の「中華そば」にすることにしました。

 


暫くすると、「中華そば、お待たせしました」、と運ばれて来ました( ^o^)ノ。
見るからに茶色い、彩りはあまり考えていないラーメンなのですが、なんか安心する印象を受けるのは私だけでしょうか(^^;。

 


早速箸を取って食べてみるのですが、少し太めのストレート麺の、ツルリとしつつ強いコシに歯応えを覚えつつ、鼻腔に残る煮干しの風味と、じんわりと残る醤油のコクに、ついつい食べる箸が早くなります( ^o^)ノ。

塩味の強いチャーシューに、煮染めたようなシナチク。
時々お冷やで喉を潤しながら口内にリセットをかけると、再度煮干しの風味に遊ばれます( ^o^)ノ。

この日は普通盛りにしたので問題なく完食。
これが大盛りだと、麺を食べるのが精一杯で、とてもじゃありませんが、私にはスープの完飲まで出来ません(^^;。

ご馳走様を伝えて外に出て、近くのコンビニでコーヒーを購入。
クルマに戻ってコーヒーで一息。
美味しかったなぁ…と思いを反芻しつつ、クルマを出しました。

う~ん…飾らないけど筋金の入ったラーメン…。
またいつか、そう遠くない日に、再訪することを、我ながら確信していました…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.