松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 粋な一生 「醤油ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『粋な一生』にて、「醤油ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

偶然、こちらのお店の前をクルマで通り過ぎたとき、「変わった名前のお店があるなぁ…」、と興味をそそられました。


実はこちらのお店、自分は初めてでは無く、以前にもカミさんと息子を連れて来たことがあって、後述、ラーメンを食べてみて思い出しました(^^;。

秋葉原の、俗に言う ” 電気街 ” とは線路を挟んだ反対側、昭和通りを越えたところにある『粋な一生』。
この日は夕方に近い時間で、お昼をずっと食べ損ねていて、いっそのこと、もうこのママ昼食抜きでも良いかなぁ…と思い始めていたとき、こちらのお店を見つけました。

名前の小憎らしさに興味が湧いて、そのままお店に吸い込まれてしました(^^;。

お店は鰻の寝床のように、間口は狭いですが奥に長い作りになっています。
入口の食券機で醤油ラーメンの食券を購入。
一人だったのでカウンターに座りました。

お店の人に食券を渡して、お冷やで喉を潤していると、カウンターの向こうの厨房で、いくつかの種類の麺の中から、一つを取りだして、ビニールの袋を破って茹で始めました。
ラーメンの種類によって、麺を使い分けているようですね。

程なくして差しだされたのが、” The 醤油ラーメン ” と言った風貌の綺麗なラーメンです。

実際に箸を付けて食べてみると、麺の茹で具合が最高に丁度良く、コシの感じが、麺のポテンシャルを最大限に引き出している、と言った感じです!
細いシナチクも良い感じで、麺と一緒に食べるときのアクセント感が相乗的に上がります( ^o^)ノ。

スープは魚介ベースのアッサリとした味わいで、鰹節、煮干し、昆布等の乾物、どれも入っているのは分かるのですが、必要以上に自己主張せず、結果的に一歩引いた奥ゆかしさが寄り集まって、非常に上品で太い味わいを醸し出しています。

ただ、個人的にはそのせいもあってか、少しスープが薄いようにも思えてしまいました。
私の好みではありますが、もう少しタレを強く効かせてもらえた方が、味にパンチが出るのでは無いか、とも思いました。

この辺りで、なんか前に食べたことがあるなぁ…と思い始めて、後から自分のSNSなどを探してみたら、以前息子とカミさんを連れて、食べに来ていたことを思い出しました。
なるほど、この上品で味わい深いラーメンなら、カミさんと、そしてラーメン大好きな息子に食べさせてあげたいと思うはずだ…と、納得してしまいました( ^o^)ノ。

そんなわけで、私の中で存在をすっかり忘れてしまっていた『粋な一生』ですが、食べてみて家族を思い出すような、皆で食べたくなる、安心出来る美味しさを持ったラーメン屋さんでした( ^o^)ノ。

…また、今回も、「息子と食べたいなぁ…」と思いました…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.