松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 凱婷縁 「煮干しのつけ麺」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』にて、「煮干しつけ麺」を食べて来ました( ^o^)ノ。

ここ最近、なかなか行く機会のなかった秋葉原の『凱婷縁』ですが、なんとか行けそうな行程を得ました( ^o^)ノ。
んで、着いたら着いたでクルマを停められる場所がなくて、結構遠いところに停める羽目になってしまったのですが、とにかくいそいそとお店に向かいました(^^;。

実はこの日、「呂洞賓」の汁無し担々麺にするか、前日にTwitterで教えて頂いたつけ麺にするかで、結構直前まで悩んでいました(^^;。
しかし、期間限定のつけ麺に目がくらみ、そちらを選んでしまいました(^^;。
どっちを選ぶにしても、がっつりとイきたかったんです…(^^;。

そんなわけで、いつものようにウーロン茶を頂いて、暫し待ちます。
この日は料理長一人のワンオペらしく、届け物が来ても直ぐに対応出来ないような状況で、忙しいお昼時に来なくて良かった…とちょっと思ってしまいました(^^;。

ちなみにこの日のウーロン茶は、物凄くフルーティーで、華やかな味でした( ^o^)ノ。

そんな折、「つけ麺に八仙はつけていませんので…」と言って、お気に入りという李鉄拐の人形を持って来てくれました(^^;。


…実は料理長、「賤」な性格なのでしょうか…意外とロックだとか…!?

と言うわけで、運ばれて来ましたつけ麺( ^o^)ノ。


今回はご厚意で、味変に柚子胡椒と辛肉味噌も付けてくれました!
「蕎麦のわさびのように、麺に載せて召し上がって下さい」、とのことで、そのように食べてみると、個人的には柚子胡椒がバッチリ合いました( ^o^)ノ。

実のところ、前に食べたときは、煮干しの美味さに驚いて、そっちにばかり気を取られていたのですが、二度目の今回は、じっくりと味わうことが出来ました。

意外と豚骨の味わいがしっかりしているんだなぁ…と思いつつ、途中、レモンを搾って味変をしたのですが、レモンの甘さと豚骨の甘さが相乗して、じっくり味わって食べてみると、思ったほどサッパリはしないんだなぁ、と思いました。
かと言って、柑橘類のスキッとした酸味は欲しいところですし、より香りの強い柚子やカボスとかでも合うのかなぁ…と思いましたが、カボスはやっているお店がありますし、柚子も意外と甘いんだよなぁ…と(^^;。
じゃぁ酢橘かなぁ…とも思いましたが、酢橘って結構高いんだよなぁ…なんて思いつつ、気がついたら完食していました(^^;。

最後はスープ割りをしてもらって、サービスライスをドボンして頂きました。
いつもは、炊き込みご飯にラーメンスープを掛けて頂くのが私の〆の食べ方だったんですが、これはこれでGoodです( ^o^)ノ。

今回は、料理長のご厚意でメニューから外れていたつけ麺を頂くことが出来ましたが、なんでも次の日曜日から再び復活するのだとか。

次は呂洞賓を食べたいと思うのですが…う~ん、悩むところではあります(^^;。
…この悩む感じも、『凱婷縁』の面白いところでもあると思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.