松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 凱婷縁 「呂洞賓(りょどうひん)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』にて、「呂洞賓(りょどうひん)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

八人の仙人、八仙に準(なぞら)えて8種類のラーメンを提供する『凱婷縁』ですが、今年に入ってメニューを大幅リニューアルしました。
なので、去年のウチに食べていたいろいろなラーメンでも、大幅なリニューアルもあって、全く別物と言っても良いほどに変化したラーメンもあります。

中でも、「呂洞賓」は、その最たる例と言えます( ^o^)ノ。

と言うも、以前の「呂洞賓」は、私は鶏白湯スープで食べたのですが、辛みの強い味噌を加えながら食べる、かなり力強いラーメンで、どっしり系、といった感じでした。

しかし、リニューアル後の「呂洞賓」は、言ってしまえば「汁無し担々麺」です( ^o^)ノ。

ハンパじゃない変わりっぷりと、なにより汁無し担々麺は大好きだったので、絶対に食べよう、と前々から思っていました。

この日は丁度お昼時より少し前の時間帯にお店に着きました。


お店の方のご厚意に甘えつつお店に入り、すぐに「呂洞賓」の食券を購入。
次いで混ぜご飯も購入(^^;。
ちなみにこの日はアサリとキノコの混ぜご飯でした( ^o^)ノ。

お店の方といろいろと話すウチに、私の前に「呂洞賓」が運ばれて来ました。
なんでも、揚げネギも乗せてくれたとのことです( ^o^)ノ。

途中、「麺はいつもなら冷水で締めるんですが、今回はどうしますか?」、とのことで、お願いすれば熱盛りも出来たのかも知れませんが、元々が冷たい麺を想定してメニューを作っていると思うので、そのままの冷たい麺でお願いしました。


早速、よく混ぜて頂きます!

まず嬉しかったのが、しっかりと辛みがあったこと…(^^;。
先日某所で、如何にも辛そうなラーメンを食べたのですが、これがまた信じられないくらい辛くなくて、これ以上ないくらい肩透かしを食ったのですが、それだけに辛みに飢えていたこともあり、このしっかりとした辛みは嬉しかったです(^^;。

肉味噌の甘辛さや、キュウリと葱のシャクシャクとした食感と清涼感、ナッツの濃厚さもあって、味が濃くてサッパリとしていて、みっちりとコシの強い麺にホクッとしたナッツの食感、とにかくいろいろな食感や味が楽しい逸品となっていました( ^o^)ノ。

個人的には、全体的に非常にバランスが良くて美味しかったです( ^o^)ノ。

ナッツが多すぎて食べるのに邪魔になったり、ゴマが強すぎてクドくなりすぎたり、純粋に辛すぎたり…と、好きで「汁無し担々麺」はよく食べるのですが、なかなか「これだっ!」というメニューには出会えないのですが、「呂洞賓」に関しては、ちょっと冬に食べるにはもったいないくらい、美味しかったです( ^o^)ノ。

ただ、失敗したなぁ…と思ったのは、ここは混ぜご飯では無く、普通の白飯にして、残った担々麺のタレを白飯で混ぜるようにして食べたら、さぞや美味しかったろうなぁ…と、食べ終わってから少し後悔しました(^^;。

ちなみに、この日はサービスで小鉢も出して頂いて、食べてみると、これが柑橘類の香りと酸味を合わせたマリネ( ^o^)ノ。
てっきり柑橘類は夏みかんを使っているのかと思ったのですが、なんと柚子(^^;。
…自分の舌も大したことがないなぁ…と思いつつ、なんでも柚子は皮を使うけど実がいつも処分に困るので、実とラーメンのタレを使って、マリネを作ってみたとのだとか。

個人的に気持ちは良く分かります…。
柚子は香りが良いので、ちょっとしたモノに皮を刻んで加えると、非常に有用に使えるのですが、酸味の強い実は、絞ってジュースにして、砂糖を加えてシロップとかにするくらいしか…。
だいたい、いつも柚子を使うときは、1個か2個で事足りるので、その程度しか買いません。
なので、実をメイン使いたくても量が少なくて困るンですよね…(^^;。

以前、会社の同僚から大量に柚子をもらったときは、柚子ジュースを作ったり、皮を砂糖に漬けてピール菓子にしたことがありましたが、1個や2個だと…(^^;。

そんなわけで、なるほど、マリネに使うというのは、一計だと思いました…( ^o^)ノ。

そんなわけで、「呂洞賓」を完食。
お店の人にご馳走様を伝えてお店を後にしました。

この後、この日は事務所でずっとPCの前でキーボードを叩いていましたが、隣で同僚が、「今日はお昼、松戸の****でラーメンを食べたんですが、酷い目に遭いまして…」と話していました。
内心、一緒に『凱婷縁』に連れて行ってあげれば良かったかなぁ…と思いました…。

う~ん、縁と機会があれば、同僚も一緒にお邪魔したいと思います(^^;。
あ、その前にカミさんを連れていって「おしどり麺」を…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.