松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋刀魚の炊込ご飯を作ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

「秋刀魚の炊き込みご飯」を作ってみました( ^o^)ノ。

最近、少し秋刀魚の値段が下がってきたように思います。
スーパーで、太っては居なかったのですが、そこそこの秋刀魚が三尾、安く売っていたので購入したのですが、家人全員で食べるには少し心許ないので、炊き込みご飯にしました( ^o^)ノ。

まず、生姜を千切りに。
お米を研いで、土鍋に移して市販の麺つゆで味付けをしたら、生姜を散らしておきます。

 

まずは、秋刀魚の頭を落とし、腹を割いて、ワタを綺麗に取り出しておきます。
三枚におろして、腹骨を丁寧に梳(す)いたら、塩を軽く振っておきます。

秋刀魚の頭と中骨、ワタは軽く塩を振って、グリルで焦げ目が付く程度に焼き、醤油5:酒1:味醂1で割ったタレに放り込んで、よく煮だしまします。

これを冷まして、秋刀魚醤油の完成です( ^o^)ノ。

 

三枚におろした秋刀魚は、浮き出た水分をクッキングペーパーで拭き取ったら、グリルで皮目がコンガリするまで焼き上げます。

焼けた秋刀魚をお米を研いでおいた土鍋に入れ、火をつけます。

沸騰するまでは中火で攻め、全体的にしっかり沸騰したら、弱火にして15分。
15分経ったら、私はお焦げが欲しいので、一旦火を全開にして15秒。
その後、火を止めて10分ほど蒸らします。

蓋を開けると、ふわぁ~っとお米の炊き上がった甘い香りと醤油の香り。


そして秋刀魚の脂が食欲をそそるように香ります( ^o^)ノ。

良くかき混ぜて、秋刀魚の身を崩して食べやすいようにします。

最後、銘々のお茶碗にご飯をよそったら、大葉とカイワレダイコンを刻んだモノを乗せて完成です( ^o^)ノ。

全然手間はかかっていない割には美味しかったです…( ^o^)ノ。
今度は以前作った、「秋刀魚ご飯」を再度、やってみたいですね…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.