松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「鮟鱇出汁の悪い奴」と「元気モリモリ丼」を食べて来ました( ^o^)ノ。

徹夜明けのこの日、どうしても行かなくてはいけない仕事があって、明け方に帰って来たにも関わらず、数時間の仮眠を取ってクルマを出しました(^^;。
途中、元気給油所たる『覆麺』に立ち寄った次第です( ^o^)ノ。

この日の『覆麺』は「悪い奴」の日で、やっぱりバシッと気合いの入る「悪い奴」は、心身共に疲れているところに、否応なしに気合いを注入してくれます( ^o^)ノ。

ちなみに、この日は黒覆面ことブラックも参上しており、「天のつぶ」を買いたかったのですが、丁度席を外していたらしく無人(^^;。
しかも、[売り切れ]の紙が貼ってありました…無念(^^;。

そんなわけで店内へ。

花木さんと阿吽の呼吸で仕上がるラーメン( ^o^)ノ。
たっぷりと肝ソースのかかったラーメンが、目の前に差し出されました( ^o^)ノ。

後はもう脇目も振らずに食べるばかりです( ^o^)ノ。

じんわりと美味い、ビシッと強い特徴が有るわけでは無いのですが、じわぁ~っと染みてくるような美味さが溜まりません。
肝ソースの分厚い旨味も相まって、ともすればしつこく感じしてしまうほどの濃い旨味なのですが、これがカイワレダイコンやネギと一緒に食べると、サッパリしつつも旨味の輪郭が分かるようになります( ^o^)ノ。

最終的には大半の肝ソースはスープに溶けてしまうのですが、これを最後に飲み干すのも、またお楽しみです( ^o^)ノ。
これはやっぱり…「天のつぶ」が欲しかった…と心底思いながら、ご馳走様を伝えてお店を出ました。

すると、黒覆面ことブラックがいるじゃありませんか( ^o^)ノ。
思わず「元気モリモリ丼」をお願いしてしまいました(^^;。

大きな炊飯器を開けてご飯をよそい、鍋から肉をザバッとかけるブラック。
ふと肉を観てみると、以前食べた「元気モリモリ丼」より、肉の切り方が大きいように感じます。

その後、実際に食べてみると、少しニンニクの風味がする気がしますし、甘みのバランスがより溶け合っているように感じました。
ブラック曰く、「少しづつ変えてますから」、とのこと…やはり、どんどん美味しくなっているようです( ^o^)ノ。

ちなみに、「牛のタンも始めましたから」、と。
う~ん…『一福園』…行きたいんです…泣。

…息子を早めに寝かせて、カミさんと一緒に行こうかなぁ…。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.