松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 「するめいか肝出汁の塩ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「するめいか肝出汁の塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

スルメイカの肝…。
塩辛を作るときの、文字通り “肝” ですが、これだけを塩漬けにして食べても、最高に美味しいんですよね( ^o^)ノ。
北海道で活スルメイカの肝さしを食べたことがありますが、これも絶品でした…( ^o^)ノ。

その肝で出汁を取ったって、どんなものなのか、凡そ想像も付きません(^^;。

想像が付かない以上、食べてみるしか有りません( ^o^)ノ。

と言うわけで、神保町に繰り出しました(^^;。

ラーメン自体には醤油と塩があったのですが、肝と醤油の相性は最高だということは知っていたのですが、今回は兎に角、塩で出汁を存分に楽しみたかったので、あえて醤油ではなく塩でお願いしました( ^o^)ノ。

いつものように流れる動作でラーメンを作り上げた大将。
差しだされた丼を受け取ると、一瞬、「これ…塩?」と思ってしまうような、茶色いスープ。
じつはこれ、食べてみて分かったのですが、肝から出た油が赤いので茶色いスープのように見えたんです。
実際は灰色のスープでした。


早速食べてみると、食べた瞬間に分かる、イカの肝感( ^o^)ノ。

ちょっとクセがあるというか、イカの肝でしか感じない風味なので、他にない風味。
なので、初めて食べたりすると、その風味に瞠目するかも知れません。
人によっては、イカの塩辛のような匂い…って言うか正にそれそのものなんですが、苦手な人は苦手、美味しいと思う人には美味しいという、本当に食べる人を選ぶラーメンだと思います(^^;。

かく言う私は後者の人間で、刮目するほど美味しくて、どうしても食べる手が止まりません(^^;。

食べている途中、大将がニヤニヤしながら、「まだ正月のウチだし、少し大盛りにしておいたよ」、と(^^;。
え~、どうりでいつもより少し多い気が…(^^;。

いたって真面目に、「そう言うのは困りますねぇ…いじめるんですね…」、と伝えましたが、どうにも私もニヤニヤが停まらなくて、「困りますねぇ~」とか言いながら、やっぱり食べる手が止まらないんですよ(^^;。

そんなわけで、やっぱり完食(^^;。
丼かぶりでスープも完飲し、ご馳走様を伝えて、外に出ました。

なんか、吐く息にもイカの肝が漂っているようで、何とも言えぬ余韻の深い味わいでした…( ^o^)ノ。
偶には、こんなガツンと来る出汁のラーメンも嬉しいなぁ…と思いました(^^;。

次は…是非、醤油で食べてみたいです…( ^o^)ノ。
…是非、是非とも…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.