松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 ガヴィアル 「チキンと野菜のカレー」

2020/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『欧風カレー ガヴィアル』にて、「チキンと野菜のカレー」を食べて来ました( ^o^)ノ。

忙しかったこの日、お昼時になんとか時間を工面して神保町に着くことが出来ました。

神保町と言えば、いつも行きつけのラーメン店があるのですが、この日も足を運んだところ、裏路地に伸びる長い待ち客の列を観て、「とてもじゃないけど時間内に食べることは出来ない…」と哀しくも早々に諦めることにしました…。

本当は食べたかったラーメン。
しかし、食べられないと分かった以上、下手に別のお店でラーメンを食べるよりかは、全く違う、好物を食べて元気になろう、と思って神保町で有名な、いろんなカレー店を思いつきました。

ふと神保町の交差点で顔を上げたところ、向かいに『ガヴィアル』の看板が目に飛び込んできました。


…瞬間的に、心が決まりました…( ^o^)ノ。

『ガヴィアル』は、交差点に面した某書店の2階に位置し、ちょっと目立たないところに階段があるのですが、結構老舗のカレー屋さんだそうです。

実は恥ずかしながら私は一度も入ったことがなく、今回が初めての訪問となりました。

お店に入って、メニューを見ると、正直「高いなぁ…」というイメージだったのですが、ランチだと、1200円でカレーが2種類入ったプレートが食べられるとのことで、迷うことなくランチにしました。


因みに、私は選んだのは「チキンと野菜のカレー」です。

yelp等でお店の評判を読みつつ、時間を潰していると、すぐにカレーが運ばれて来ました。

見た目で目立つのは「野菜カレー」の方で、ぱっと見ただけでも沢山の種類の野菜がゴロゴロと入っています!

早速スプーンを取って頂いてみますが、最初に感じるのは甘みでした。
そして、トロリとした舌触りに円やかなうま味、そして最後に追ってくる洗練な辛さ(辛さは辛口にしました)。

なかなか尾を引く美味しさだなぁ…と思いつつ、チキンカレーも食べてみますが、ゴロッとした肉の感じが、、「あぁ、肉を喰ってンなぁ…」と言う嬉しい気持ちにさせてくれます( ^o^)ノ。

なるほど、コレは美味しい…と思ったのですが、ちょっと個人的には違うなぁ…と言う感じも受けました。
と言うのも、総じてベースのカレーが全部一緒で、代わり映えがしない、と。

具に関しては、野菜カレーなら野菜の美味さが、チキンカレーならチキンの美味さが感じられる、と言う感じではなく、ベースのカレーは一緒で、中に入っている具が違うだけ。
辛味に関しても、ベースは甘さの際立つ甘口カレーで、そこに辛味のスパイスを加えて、甘さと辛さが双曲で際立つ感じです。

言ってしまえば、お皿を分けたりしてオシャレにしていますが、一つの丼に野菜とチキンを一緒に混ぜたカレーと
して出しても一緒だと思いますし、ベースが甘口で一緒なら、最初から甘口カレーだけを提供して、後からお客さんが自由に振りかけるカタチで辛みスパイスを別添えで出した方が、よりお客さんの好みに添えるのではないか、とも思いました。

もっと舌の鋭い方なら、それぞれの美味しさの違いも分かると思うのですが、私のようなバカ舌には、残念ながら分かりませんでした…。
自分の貧弱な舌を悔やむばかりですが、やっぱり残念でした…。

全部私の感想なので、それが正しいというわけではないですし、人気店であると言うことは、沢山の人の好みに合っているのだと思います。
私の感覚が特異なだけで、けっして『ガヴィアル』が良くない、と言う話ではないので、どうか、「こんな奇特な感想を持った人間が、一人は居るんだ…」、くらいに読んで頂けたら、幸いです…。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.