松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 富田食堂 「もりそば」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

松戸の『富田食堂』にて、「もりそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

この日は千葉方面の現場でしたが、イレギュラーな事態が発生。
昼食抜きで走り回り、気がついたら空腹も忘れていました(^^;。

そうは言っても空腹は空腹です。
帰宅前に飛び込んだのが、『富田食堂』でした。

『富田食堂』と言えば、松戸という地名を全国的に有名した著名店、『とみ田』の系列店。
その『とみ田』は、地元民でも食べるのに一苦労。
私は、ここまで有名になる前の頃、何度か食べに行ったことがありますが、有名になってからは全然。
その点、幾分気軽に食べられる『富田食堂』の方が、地元民としては助かります(^^;。

実はこのお店、前からカミさんが行きたいと言っていて、一緒に行ったら食べたいメニューがあったので、この日は別のメニュー、「もりそば」を注文しました。

時間も時間だったので、店内はガラ空き。
先客も1名のみです。

食券をカウンター越しに渡し、暫し待ちますが、その間、ずっとカウンターの中で女性の店員二人が喋っています。
暇なのかなぁ…と思っていたら、どうやら新しい人にオペレーションを教えているようです。
それを見ながら、本当に飲食業のオペレーションって重要だよなぁ…素人がどんなに美味しい料理を作れても、オペレーションがまるでダメなら、お店として成立しないモンなぁ…と、最近食べに行った某お店を思い出していました(^^;。

そんなこんなで、目の前に「もりそば」が差し出されました。
見るからに『大勝軒』然とした形のもりそばで、食べなくても脳内で反芻出来るほど、良く見知った感じです( ^o^)ノ。

早速箸を取って食べてみるのですが、池袋の『大勝軒』のそれと比べて、少し酸味が薄く、甘みが少し強いような気がしました。
麺は、強いコシ、と言うほどではありませんが、しっかりとした噛み応えと食感を併せ持った絶妙なコシで、固めが好きな人には物足りないでしょうが、そうではない大部分の人には十分過ぎるほどのコシだと思いました。

ツルツル、モチモチのストレート麺は、1.6mmのスパゲティのような感じで、正直言って、スープの乗りはそれほど良くありません。
なので、なるべく一度に麺を多めにすくって、ザブッとつゆに浸けて、一気にすすり上げて食べるのが美味しいと思いました( ^o^)ノ。

と言うのも、正直、少しスープが弱いかな…と?
個人的に濃い味が好みなので、その辺の影響もあると思うのですが、麺にスープの乗りが悪い分、もう少しスープを強くした方が良いのではないのかなぁ…と。

しかし、カウンターには、まずつゆに浸けず、麺だけを食べて、小麦粉の風味を感じ取って欲しい云々と書いてあり、余計なお世話だ、と思う反面、そう言うスタンスのお店であれば、つゆをわざわざ少し軽めにして、しっかりと麺を味わって欲しい、と言うそんな思いもあるのかも知れません。

しかし、残念なことにそんな殊勝な食べ方など、凡そ私には無理で、あっという間に完食してしまいました(^^;。
スープ割りも出来る旨が書いてありましたが、割らなくても十分に美味しいつゆでした。

お店を後にして、帰宅の途に就きましたが、次に来る時は、カミさんと息子を連れて来ます( ^o^)ノ。
その時は…濃厚なヤツを、食べてみたいですね…っ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.