松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 とら食堂 「しょうが醤油ワンタン麺味玉入り」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

松戸の『とら食堂』にて、「しょうが醤油ワンタン麺味玉入り」を食べて来ました( ^o^)ノ。

松戸は結構ラーメンの激戦区ではありますが、その中でも激戦地から少し離れた松飛台にある名店、それが『とら食堂』さんです( ^o^)ノ。
松戸分店と示すとおり、本店は福島県白河市にあり、俗に言う「白河ラーメン」のお店です( ^o^)ノ。

松戸の分店も本店に負けず有名店で、いつ行ってもお店の外に数多くの並び客が列を成しています(^^;。

この日も絶対に並んでいるとは分かっていたのですが、カミさんが「並んででも食べたい」、と言うので、意を決してお店に向かいました。
そして、実際に外に並ぶ人の数を観て、大分心が負けそうになったようですが、丁度駐車場も空いたこともあって、そのまま駐車。気合いを入れて、並ぶことにしました(^^;。


約1時間ほどして、ようやく店内に入ることが出来ました。

並んでいるとき、外にメニュー表があって、もう既に食べたいものを決めてあったのですが、カミさんは最後の最後になって悩んだみたいで、グズグズしています(^^;。
私は先に、「しょうが醤油ワンタン麺味玉入り」を注文しました(^^;。

そして、実際に来てみると…意外と量があるんですね…大盛りにしたのは、少し後悔(^^;。

実際のラーメンそのものは、見るからに「醤油ラーメン」然としたお姿で、強いて言えばチャーシューが2種類、計6枚も乗っていたことですね( ^o^)ノ。
カミさんはチャーシューメンにしていてましたが、チャーシューメンにはまた別の種類のチャーシューが載ってくるようです。
でも、普通でも6枚もチャーシューが乗ってくるなら、わざわざチャーシューメンにしなくても十分かな、と(^^;。

ちなみに、この大量のチャーシューの下に、ワンタンが隠れていました( ^o^)ノ。

早速食べてみますが、麺は縮れの強い平打ち麺で、俗に言うところのビロビロ麺です( ^o^)ノ。


少しアッサリとしたスープを、この麺が上手にすくい上げてくれます。

スープは、非常に肉の旨味が強いスープで、アッサリとしているのですが、ボディが極太。
非常にパンチのある肉系のスープです。
私はしょうがを加えたのですが、このしょうががあっても、スープのパンチ力が非常にボディに来ます(^^;。

ワンタンは、皮がビロビロで、具は少なめ。


皮を食べるタイプのワンタンで、正に雲を呑むようです( ^o^)ノ。

ちなみに味玉は、黄身が少し透明感を保った固ゆでとまでは行かなくてもトロけてはいない、ねっとり感のある黄身の味玉でした( ^o^)ノ。

全体的にかなり量があったので、一息つくと辛くなってしまうかも知れず、ここは一気に、じゃんじゃん食べて、そのまま完食まで突っ走りました。

遅れてカミさんも完食。
息子を迎えに行く用事があったので、大急ぎでお店を後にしましたが、カミさんと二人、胃袋膨れた太鼓腹、なかなか贅沢な苦しみを味わうこととなりました(^^;。

ん~、個人的には、少し肉が強すぎて、もう少し乾物の旨味が欲しかったところです。
食べているうちに味に少々飽きが来てしまいました(大盛りにした弊害です(^^;)。

やっぱり、普通盛りにして、美味しく完食出来るくらいが一番良い、とそう思った一日でした(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.