松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

本郷 らーめん大 「ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

本郷の『らーめん大』にて、「ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

少し前から、ずっとカミさんと話しをしていた『らーめん大』。
実際に行く段階になると、なぜか他のお店に行ってしまうと言う、不思議な巡り合わせでなかなか行く事が出来ませんでした(^^;。

この日、ようやく行くタイミングが巡ってきまして、ついにお店を訪問しました。

ちなみにこちらのお店、私が一番足繁く通ったであろう『がんこラーメン 本郷』の跡地でして…私にとって、そう言う意味でも思い入れの深いお店だったりします(^^;。

この日、お店の前は道路工事中で、更に直近のコインパーキングは満車。
しかたなし、少し離れた場所にクルマを停めて、お店に邪魔しました。


お店に入ると、右手に食券機。
何度かお邪魔している私はすぐにどれがどういうメニューか分かりましたが、カミさんは「?」状態。
いや、普通にラーメン、つけ麺って書いてあるじゃん…と思ったのですが、どうもカミさんは『大』に対して、「素人が入ったら、絶対にかもられるヤバい店」、的な思い込みがあるようです(^^;。

なので、取り敢えずは私と同じものにし、息子にはつけ麺をチョイス。

カウンターに座りながらプラスティックの食券を置き、とりあえずお願いします。
ラーメンが完成しかけたところでトッピングを聞かれたので、私はニンニク抜きの野菜多め、カミさんはニンニク少なめで野菜多めにしました。

と言うわけで、まずは私の野菜が少しだけこんもりとしたラーメンを。


いつもは油を少なめにするのですが、今回は普通にしたのでそこそこしっかりと背脂が浮いています( ^o^)ノ。

早速箸を取って食べてみますが、この野太い無骨な極太麺が、たまらなく野趣感を駆り立てます( ^o^)ノ。


そして、香りが鼻腔に流れ込んできた瞬間に、脳裏にゴングの鐘が鳴り響きます( ^o^)ノ。

野菜の量はそれほどでもないので、天地返しをするほどではありませんが、下の方から麺を引きずり出して、野菜とスープを程よく絡めてガツガツと食べるのが、たまらなく美味しいです( ^o^)ノ。

そして、隣の息子にも「つけ麺」が来ました。


適度に麺をつけ汁に入れて、息子も箸を取ってゴングが鳴ったようです(^^;。

斯くして、私は完食し、満足の元に息子と一緒にお店を出たのですが、終始浮かない顔なのがカミさんでした(^^;。
はっきり言ってしまうと、カミさんはこの『大』のラーメンがダメだったようで、太く硬いコシの麺が、「ゴワゴワして固いだけ」、とかなり受け付けなかったようです(^^;。

『大』に関して言えば、その特徴的すぎるラーメンから、「兎に角3回、食べてみて欲しい。本当の美味しさが分かるから」、と言う旨の張り紙がしてあるくらいなので、また時間をおかずカミさんを連れてきてみたいなぁ…と思います(^^;。

数回食べるうちに、この美味しさが分かるようになると思うので…。

と言うわけで、なんとか騙して、後数回、どうカミさんを『大』に連れて行くか、それが問題です…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.