松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

末広町 かば金 「蒲焼き豚丼ロース」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

末広町の『かば金』にて、「蒲焼き豚丼ロース」を食べて来ました( ^o^)ノ。

以前、こちらではバラの豚丼を食べたのですが、それが非常に美味しかったので、今度は脂の少ないロースで食べてみたい、とずっと思っていました。
そのことが心の片隅にあったのですが、機会があり、ついに再訪することが出来ました( ^o^)ノ。

お店に入ると、お客さんが少なかったこともあるのでしょうが、すぐに店員さんの目に留まり、席に通してくれました。

席に着いて、タブレット端末を操作しながら何を食べようか悩んでいたのですが、やっぱりココは初心貫徹、ロースでお願いしました。
前にも書きましたが、これでバラとロースの相盛りが出来たらなぁ…と思うのですが、それは叶いません(^^;。

スマホをいじりながら待っていると、意外と早く運ばれて来ました。
時間的に言って、作り置きなのかなぁ…と思いましたが、良く分かりません(^^;。

早速箸を取って食べてみますが、相変わらずの大盛りです…が、実がこれ、半端ない上げ底丼なんです(^^;。
丼の底が2~3cm程も有るんじゃ無いか、と思うのですが、よくこんな丼が窯で焼けたなぁ…と思います。
ちょっと不思議になって丼の底を観てみたら、小さな穴が開いており、どうも丼の上げ底部分は中空になっているようです。

多分、底の部分と丼本体を別に作り、つなぎ合わせているんでしょうか…。
ある意味、手が込んでいると思います(^^;。

とまぁ実際に食べてみると、味そのものは非常に美味しいのですが、残念なくらい肉がパサパサなんです…泣。
ロースなんだから、ある程度は仕方が無いとは思うのですが、脂っ気もジューシーさも全くなく、これは焼きすぎなのか作り置きでジューシーさが飛んでしまったのか…このまま食べるのは喉に詰まるので、味噌汁やお冷やで喉の滑りを良くしながらでなければ辛いほどです(^^;。

また、ご飯も固く炊いてあるのは良いのですが、あまり粘り気のないお米です。
お米の品種で言うと、ゆめぴりかを固く炊いたような感じで、ロースの蒲焼きと合わさると、より喉の通りが悪くなります(^^;。

これはやっぱり、バラが最強なんだ…と、つくづく思い知った次第です(^^;。

タレ自体は、真っ黒トロリとした、まるで鰻のタレのような濃さで甘味も強く、非常に私の好みなので、やっぱり純粋にお肉のチョイスを間違えたと思いました(^^;。

ん~、次は、バラ一択で行きたいと思います…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.